相続相談ガイド

遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

コラム執筆者の方はこちら 弁護士の方はこちら
かねこ ひろひと

金子 博人 弁護士

金子 博人の画像

金子博人法律事務所

中央区銀座8-10-4 和孝銀座8丁目ビル7階

東京都
遺産分割
遺留分
生前対策
事業承継

当事務所は、相続に関わる事業承継、M&Aなど、ビジネス面でのサポートに力を入れています。
相続トラブルは、その解決より起こさないことが重要で、そのためには相談できる弁護士を持つことです。
相続に関する法律相談は、専門の弁護士にお任せください

できるだけ早い段階から相続対策を行うほど効果が高く、期間が長いほど有効な対策が立てやすいのです。
相続対策は具体的に、相続人に誰がなるか、その法定相続分はどのくらいかを確認したうえで遺言書を作成し、また、相続税がどのくらいになるかを概算し、どのように納税するかを考えながら、同時に節税対策を講じることも必要です。

これらの事を踏まえ、相続に関する法律相談は、専門の弁護士にご相談することをおすすめ致します。
特に相続は争いのタネになりやすく、以下の様なケースが相続の相談において多いケースになります。
ご参考頂き、該当するもの・これからおこりそうな問題だと認識がありましたら、是非ともご相談ください。

【親の介護】
弁護士事務所の相談に来る相続トラブルのうち半数は親の介護に起因するといっていいほど、親の介護は相続紛争を引き起こしやすいものです。
兄弟のうちだれが介護をするかが問題で、介護を引き受けた者とそうでない者との間で、どうしても不公平感が生じます、親が亡くなった後に、介護をした者はその負担を相続財産の中から考慮することを求めますが、他の兄弟はそれを認めようとぜず、紛争となるケース

【財産の状況】
相続財産が、土地・建物がしかなく、これを売って現金化し相続人同士で分ければよいが、ここに同居していた家族(兄弟・姉妹)が住んでいて売却に応じないということも多く、他の兄弟の持ち分をその代償金として買い取ることが出来ればよいが、それが出来ないと紛争になるケース

【贈与・寄与】
法定相続人の一人が親から特別の贈与を受ける場合、被相続人が会社を経営し、相続人の中で手伝い、相続財産の形成・維持に寄与した場合などの有・無の判断とその額の算定などで、立証は困難なことが多く、紛争となるケース

【父親が違う・腹違い・非嫡出子】
法定相続人ではあるものの、会ったことが無い・関係が希薄等あり、相続財産を渡したくない・渡さないなどで相手側に放棄を依頼するケース等で相手側が応じず紛争となるケース

金子 博人 弁護士が答えた相続相談Q&A

qaユーザーのイメージ画像

不公平なので、納得できない、遺留分について請求したい

義母が亡くなり、義姉と夫が相続人である。
14年前に義母は公正証書遺言を作っており、内容は土地を義姉にという内容で、自身の居住の49坪中、3...

金子 博人弁護士の画像

土地の時価がいくらかが重要

法定相続人が、ご主人と義姉の二人なので、ご主人の遺留分は、法定相続分2分の1の半分、つまり、4分の1です。遺言書に書かれていない預貯金をご主人...

qaユーザーのイメージ画像

借金を継ぐと会社を継ぐという事なのでしょうか?

父親はビル2棟、駐車場5台分の土地/マンション一室を所有しており、父親が経営している株式会社への個人貸付金が8,000万円ほどある、当然会社の...

金子 博人弁護士の画像

8000万円を相続しても、株式を相続しない限り、会社を継ぐことにはなりません。ただし、会社の業績がよくないと、株式価値も低いものとなりますが、...

qaユーザーのイメージ画像

成年後見人の選任を行なってきた、弁護士が選任されているが、自分ではダメなのか?

母親は亡くなっており、自身は唯一の相続人です。
推定相続人ではない祖母の姪(地方県在住)が、いままで祖母の財産管理を行なっていました。

...

金子 博人弁護士の画像

成人後見

一度決められた後見人を変更するには、その後見人の後見事務について不相当な具体的事由が必要です。また、後見監督人を選任することも考えられますが、...

qaユーザーのイメージ画像

両親の死後、揉めないように生前対策を相談したい

父母共に健在で開業医をしている。
両親の死後に揉めないように生前対策を相談したいのですが、ざっとどんな事が出来ますか?
...

金子 博人弁護士の画像

診療所・病院の承継

診療所、病院の相続問題は、誰がそれを承継するかで、全く対策が異なります。また、医療法人か、個人かでも全く異なります。一番多い、個人経営で医師免...

金子 博人 弁護士の詳細情報

基本情報

所属弁護士会 東京
弁護士番号 15844
ふりがな かねこ ひろひと
弁護士名 金子 博人
性別 男性
電話番号 0066-9751-4388
URL http://www.kaneko-law-office.jp
注力分野 遺産分割 遺留分 生前対策 事業承継
対応言語 英語

自己紹介

出身地 神奈川県
人となり

10年後には、画家として、インドを放浪することを夢見ています。
趣味:油絵製作、茶道(裏千家)、社交ダンス
好きなアート:現代絵画

■弁護士外の業務
不動産投資信託 日本プライムリアリティー投資法人(東証上場)執行役員(代表)
日本大学大学院法務研究科(ロースクール)講師(民法)
大東文化大学法科大学院(ロースクール)講師(倒産法)
市場取引監視委員会委員(東京工業品取引所)

■ボランティア
1989年 所属ライオンズクラブの担当者としてタイに小学校校舎建設
1992年 所属ライオンズクラブの担当者としてベトナムに診療所建設
1996年 同じくベトナムに診療所建設
1999年 同じくベトナムに診療所建設
2006年 同じくベトナムに診療所建設

国境なき医師団、アムネスティ、UNICEF,点字図書館(東京・早稲田)、日越医療交流センターの会員、賛助会員を長く継続
母校早稲田大学商議員 同大学校友会専門委員、代議員

学歴

1972年 3月:聖光学院
1977年 3月:早稲田大学
1980年 3月:早大大学院修士課程(会社法)

経歴

日大法科大学院講師(民法)
大東大法科大学院講師(倒産法)
日本プライムリアルティ投資法人執行役員
東京商品取引所市場取引監視員会委員長

実績

講演・セミナー情報

2011年 11月:「事業承継・相続と連帯保証の実務」大森法人会/JPBM
2013年 10月:中堅・中小企業のM&Aと企業再生、企業の法的手段に頼らない再生の仕方について
2016年 1月:インダストリー4.0の企業戦略、アメリカやドイツに周回遅れとなった状況の克服の戦略

著書

タイトル 1986年:「高度情報化社会における データベースの法的保護」(上)(下) (NBLno.343348)
タイトル 1990年 5月:不動産を売るとき買うとき(財経詳報社)
タイトル 1993年 1月: 貸したい人借りたい人の新借地借家法
タイトル 2013年 10月:社長のM&A学(中央経済社) 中堅・中小企業のM&Aの活用の仕方、相手の探し方

料金・費用情報

相談料金 電話相談・無料 メール相談・無料 面談・ 初回無料
お支払方法 分割払い 後払い
備考

訴訟事件は、スタート時に着手金、終了時には成功部分につき報酬が必要です。
着手金も報酬も、その事件の経済的価値に対する%で決まります。

目安--------------------------------------------
・300万円の部分につき、着手金8%、報酬16%
・300万~3000万円の部分につき、それぞれ5%、10%
・3000万円~3億の部分につき、各々3%、6%
・3億円越えの部分につき、それぞれ2%、4%
--------------------------------------------------
経済的価値の算定は難しいので、まずは法律相談して、その時に手数料・報酬も確かめるのが合理的です。
法律相談後、継続して訴訟を依頼するかどうかは依頼者の自由です。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

アクセス

〒1040061
東京都中央区銀座8-10-4 和孝銀座8丁目ビル7階

最寄り駅
  • JR東海道本線(東京~熱海) 新橋駅 徒歩 5分
  • 東京メトロ銀座線 銀座駅 徒歩 6分
  • 東京メトロ日比谷線 東銀座駅 徒歩 6分
  • 都営大江戸線 築地市場駅 徒歩 7分

金子 博人弁護士への問い合わせ

0066-9751-4388 (無料通話)

20時48分時現在は営業時間外となります。メールでのお問い合わせがおすすめです。

メールで相談する
受付時間
  • 平日 10時00分 19時30分
定休日 土曜 日曜 祝日
対応エリア 全国