遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 2239

遺産相続に強い弁護士 162

うえだ おさむ

植田 統 弁護士

植田 統の画像

青山東京法律事務所

港区南青山1-1-1 新青山ビル東館13階

東京都
相続人調査
成年後見

こんな悩みがある経営者の方いらっしゃいませんか?

・会社を譲りたいと引退を考えているが、後継者が見つからない
・企業譲渡を希望してはいるが、どうやって相手を探したらいいのかわからない
・財務状況が悪く、会社整理や廃業をするしかないのではと心配している
・会社の借入金に個人保証をしているため、やめるにやめられない
・自社株の評価が高くなりすぎて、子どもたちへ相続するときの相続税が心配だ
・子どもが3人いるが、会社を継ぐのは一人なので、他の2人に譲る財産がない
・子ども3人が会社に入っているが争いが絶えないので、将来が不安
・自宅まで会社所有になっており、個人財産と会社財産が切り分けられていないので、会社に何かあった時、家族まで影響をうけてしまう

このように事業承継問題は、経営、会計、税務、法律等々、その会社によってさまざまな問題を抱えています。中小企業の経営の場合、会社の事業承継は家族にとっては相続問題ですので、その視点からの対応も必要になります。当事務所の植田弁護士は、法律ばかりでなく、経営、会計、税務についても深く、かつ、実践的な知識を持っていますので、総合的に問題を解決することができます。

勿論、より専門的知識を必要とする場合には、税理士、会計士等とのネットワークを活用して、お客様の問題を解決できるようにサポートいたします。場合によっては、不動産の売却、資金調達をしなければならない場合もありますが、そのような場合には、不動産業者、銀行等の手も借りて対応します。

このように、当事務所は、東京の数ある事務所の中で「相談してよかった」「頼んでよかった」「選んでよかった」と言っていただけるコンサルティング業務を展開していきますので気軽にご相談ください。

植田 統 弁護士が答えた相続相談Q&A

qaユーザーのイメージ画像

相続する前の相談

私の姉妹は三人いて、私は次女。父母はまだ健在だが、父は認知症を患っています。
私自身は、特に三女との折り合いが悪く、三女が長女と結託して、父...

植田 統弁護士の画像

成年後見の申し立てがベストだと思います。

お父様が認知症で、かつ、長女と三女に隔離されているのであれば、成年後見を申立て、後見人に今から財産の管理をしてもらっておくのがよいと思います。...

植田 統 弁護士の詳細情報

基本情報

所属弁護士会 第一東京
弁護士番号 43004
ふりがな うえだ おさむ
弁護士名 植田 統
性別 男性
電話番号 050-8886-3780
URL http://www.at-law.jp/
注力分野 相続人調査 成年後見
対応言語 英語

自己紹介

出身地 東京都
生年月日 1957年12月05日
人となり

自分自身でも相続を経験し、相続・事業承継における人間関係の難しさを理解しています。クライアントの話をよく聞いて、その悩みを解決することに努めています。

学歴

1981年 東京大学法学部卒
1986年 ダートマス大学エイモスタックスクールMBA
2008年 成蹊大学法務博士

経歴

●東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行後、外国為替や融資業務等を経験

●アメリカ ダートマス大学MBAコースへの留学

●世界の四大経営戦略コンサルティング会社の一角を占めるブーズ・アレン・アンド・ハミルトン(現PWCストラテジー)に入社し、大手金融機関や製薬メーカーに対する経営戦略コンサルティングを担当

●野村アセットマネジメントでは資産運用業務を経験し、投資信託協会でデリバティブ専門委員会委員長、リスク・マネジメント専門委員会委員長を歴任

●レクシスネクシス・ジャパン株式会社の社長となり、経営計画の立案・実行、人材のマネジメント、取引先の開拓を行った。

●世界最大の企業再生コンサルティング会社であるアリックスパートナーズに勤務し、ライブドア、JAL等の再生案件、一部上場企業の粉飾決算事件等を担当

●社会人大学院である名古屋商科大学経営大学院(MBA)教授として企業再生論、経営戦略論を学生に講義するほか、数社の社外取締役、監査役へ就任

資格

MBA

実績

年間実績 0件相談
総実績 0件相談
事例
解決事例

長男への株式集中化

株式が兄弟3人の間に分散してしまっていた会社で、自社株買いを実施し、長男への株式の集中化を可能とした。

解決事例

兄弟間の会社支配権争い

兄弟で50%ずつ株式を持ち合い、経営がデッドロックに陥っていた会社で、会社分割を行うことで争いを解決。

解決事例

社長解任とその後の和解

長男が経営を引き継いでいたが、他の4名の兄弟が不満を持ち、株主総会で長男を社長及び取締役から解任。長男は復帰を図るが、株式を30%しか所有しておらず、他の兄弟の同意なくしては不可能であった。他の兄弟と話し、長男へ多額の退職金を支払うことで和解。

料金・費用情報

相談料金 電話相談・初回無料 メール相談・初回無料 面談・ 初回無料
相談について 出張相談可能 18時以降相談可能
その他対応 着手金無料有 24時間予約受付

アクセス

〒1070062
東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル東館13階

最寄り駅
  • 東京メトロ銀座線 青山一丁目駅 徒歩 1分
  • 東京メトロ千代田線 乃木坂駅 徒歩 9分
  • 東京メトロ銀座線 外苑前駅 徒歩 10分
  • JR中央線(快速) 信濃町駅 徒歩 12分

植田 統弁護士への問い合わせ

050-8886-3780 (無料通話)

2時04分時現在は営業時間外となります。メールでのお問い合わせがおすすめです。

メールで相談する
受付時間
  • 平日 9時00分 20時00分
定休日 土曜 日曜 祝日
対応エリア 関東