遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 1982

遺産相続に強い弁護士 150

遺産相続、悩んでないで相談しよう。

相続相談弁護士ガイドのイメージ

おすすめの弁護士

相続相談Q&A

qaユーザーのイメージ画像

預貯金の使い込みについて

今回祖母の一周忌があり、遺産についての話し合いがありました。
私の父は長男になります。この前銀行に問合せして、祖父・祖母の預金履歴を取寄せし...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

遺産分割協議書の書き方

平成28年11月22日に祖父がなくなり家の相続に困っています。遺産分割協議書を製作したいのですが土地評価額が2500万円の土地なんですが土地の...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

遺産の分割でまとまらない場合の相談です。

遺産を残すのは父で、私は四姉妹の三女です。。
相続する人は母と私含む四姉妹に加え、私の夫も養子縁組されており、合計6人になります。

父...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

相続する前の相談

私の姉妹は三人いて、私は次女。父母はまだ健在だが、父は認知症を患っています。
私自身は、特に三女との折り合いが悪く、三女が長女と結託して、父...

弁護士回答数 1 回答 植田 統弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

相続のことで質問があります

私の両親は離婚し、父は30年以上前に子連れの女性と再婚しました。

とても強欲で、尋常じゃないくらいお金に執着している女性です。今、父は寝...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

遺産分割のQ&Aをもっと見る

qaユーザーのイメージ画像

遺留分について

母が亡くなり、兄弟に比べ、私の遺留分が侵害されていたので、兄弟二人に遺留分減殺請求しました。

遺産の殆どが土地で、不動産に査定をして貰っ...

弁護士回答数 1 回答 勝浦 敦嗣弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

遺留分請求について

義父死去。
義母、長男、次男(自身は次男妻)

遺産の大方が相続人代表の長男に相続される形になっており、義母、二男が遺留分を請求する考え...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

協議成立後の遺留分の請求に関して

遺産分割協議が終わって、協議書も取り交わしました。
その内容で、不動産登記手続きも完了しています。
遺産は数字で換算すると、全体6000万...

弁護士回答数 1 回答 橘高 和芳弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

遺留分の請求について

先日父親が他界し義理母、兄弟二人、そして異母の妹が相続で揉めています。
兄弟と妹の相続する額が余りにも少なすぎるので、遺留分の請求をしたいと...

弁護士回答数 1 回答 勝浦 敦嗣弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

父が他界しました。

公正証書遺言書がある49日の時に開封する予定。相続人は兄弟4人(兄、姉、自身、妹)。
兄夫婦が父を看ていたが兄嫁は、「お金をもらわないと父の...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

遺留分のQ&Aをもっと見る

qaユーザーのイメージ画像

成年後見人の立場より

被相続人は父方の伯母。被相続人の配偶者は既に死亡しており、子が1人いるものの、精神障害を患っており、相談者が成年後見人になっている。
被相続...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

遺産分割協議のやり直し

身寄りのない叔母が亡くなりました。私は姪で、年に数回は家を訪ねたり入院中もお世話をして、生前遺産は全部私へと言っていましたが、公的な遺言書があ...

弁護士回答数 3 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

後見人について

母の兄夫婦は、子供がおりません。
母の兄は、足が不自由で長年病院にかかっており老老介護の状態で、母の兄の奥様の負担も大きく、母の兄の奥様も病...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

伯父の相続の相談をさせてほしい

相続人は兄弟姉妹で、長女・二女・三女。
長女は亡くなっているため、その子2名が代襲相続。

自身は代襲者の1名で預貯金等の分配は終わって...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

祖父は父の後遺症を考え遺言で父に財産を残したのに、叔父に全てを渡すのは納得がいかない

祖父が亡くなり、公正証書遺言書があるらしい。
遺言書には「全ての財産は次男(父)へ」と書かれているらしいが、見せてはもらえない。次男(父)は...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

成年後見のQ&Aをもっと見る

qaユーザーのイメージ画像

伯母の相続について

伯母の相続について。
伯母の遺言があり、伯母の財産は私らの知らない人に譲る内容が書かれていました。
遺言の作成には弁護士が関わっているらし...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

相続分を増やせるかどうか。

二女は生前に5000万円の贈与を受けている。被相続人は遺言書を残しており、二女の相続分は0。
遺言書は検認を受けている。...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

他界した父の遺言書について

父が他界し、相続人は義理母、兄弟2人の3人です。
父が残した遺言書の内容を義理母は知っていて持っています。父が他界して2ヶ月たちますがまだ3...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

私は独身の伯母と仲良くしていた関係です。

信託銀行に頼んで公正証書遺言を作成し、自身に全て相続させようとしていたが、当時は、全て相続したら他の相続人の手前、問題もあるだろうと考えて伯母...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

自身の遺言書作成についての相談

最近ガンを患い、現在は経過観察中で、私には夫はいるものの、子供はなし。
すでに両親は離婚しており、父とは30年以上音信不通だが、長女とは連絡...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

遺言書のQ&Aをもっと見る

qaユーザーのイメージ画像

母はまだ健在だが、今後についての相談をしておきたい

自身は長女
母は92歳でまだ健在。認知症等も入ってなく、元気に生活している。
父は既に他界しているため、母の相続が開始された場合の法定相続...

弁護士回答数 2 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

生前対策の相談

父は高齢で、現在病気療養中のため、相続対策として相談しておきたい。

相続の対象となる財産は、現金が約2000万円。
加えて、都内に約1...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

生前贈与に関して返せと言われるか?

母はずんぶん前になくなり、父親が70歳で健在だが、今になって再婚を考えている。

父親は資産を持っているので、再婚前に子供たちに生前贈与を...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

父名義の家

父の意識がしっかりしている間に父名義の家を私と姉の名義にしたいと思っています。
その場合の手続きについて教えてください。家の価値を調べるには...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

父の意思とは違う文章の公正証書遺言案を出してきました

生前の相談です。父は90以上の高齢だが、しっかりしている。資産があるので次女が弁護士を付けて公正証書遺言書を作成したほうが言いと、知り合いの弁...

弁護士回答数 2 回答 小川 智史弁護士 他

生前対策のQ&Aをもっと見る

qaユーザーのイメージ画像

相続放棄

父が死亡、相続放棄を準備中。
○死後当日と2日後にクレジットカード、ケータイ、銀行負債が父の口座から引き落としされてしまいましたが相続放...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

相続放棄について

損害保険や銀行融資の書類にサインをしたら、相続放棄する事は難しいですか?そういった場合はどう処理したらいいのかがわかりません。あと相続放棄の書...

弁護士回答数 1 回答 橘高 和芳弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

相続放棄について

父が亡くなり、母とはすでに離婚。その後父が再婚。しかし再婚相手も死亡しています。再婚相手との間には子供はいません。負債がいくらあるか不明です。...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

遺産相続で悩んでいます

10年前に離婚した旦那が最近他界しました。
その人の間に子供が2人いてます。

借金はどれだけあるか分かりません。

生命保険はかけ...

弁護士回答数 2 回答 大達 一賢弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

10年以上疎遠であった父が、孤独死した。

両親の離婚後、10年以上疎遠であった父が、孤独死した。まだ、DNA鑑定中だが、働いていた形跡
もなく、借金しか残っていないものと考えられる。...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

相続放棄のQ&Aをもっと見る

qaユーザーのイメージ画像

特定受益の持ち戻し

父の会社を弟が生前贈与されました。
弟は、病後の父のたっての要請で勤めていた会社を退職し事業を継承したため持ち戻し免除を主張し、当方は弟が自...

弁護士回答数 1 回答 村上 匠弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

喫茶店を継ぐと他の相続権も主張できるのか?

母と離婚した後、公務員である後妻と結婚。その後、事故で父が急死しました。
不動産は、自分家族が住んでいた父単独名義の戸建(現在、弟夫妻が住ん...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

父の建築業を兄が継いで

一階が工場 二階が住居になっている土地と建物の名義を父から兄に変更しました
両親共健在ですが高齢です すでに兄の名義になっているので妹であ...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

相続手続きをしていない不動産について

私は、長男で、財産を残すのは母になります。
相続手続きがまだ完了していない不動産があり、それを私が母から購入しようと思っています。
土地の...

弁護士回答数 2 回答 橘高 和芳弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

相続税対策について

妻の実家の相続税対策に関する相談です。
父親は介護施設に入院中。
母親は、すでに他界しています。2000万円の預金があ...

弁護士回答数 1 回答 橘高 和芳弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

相続税の納付について、高額の相続税納付書が期限間近に届いたのですが、とり得る方法を教えて下さい 

義理の叔父が昨年10月に亡くなり、遺言書に従い 叔父の妻である叔母(死亡)の姉(死亡)の長男である私と長女である姉が不動産を代襲相続致しました...

弁護士回答数 1 回答 橘高 和芳弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

期限が迫っていて困っています

主人が昨年7月に亡くなりました。相続税の申告の手続きを教えて下さい。簡単ですが、主人の資産は少なく預貯金は数十万円、府民共済100万円で借金は...

弁護士回答数 0 回答

qaユーザーのイメージ画像

10ヶ月の期限が迫ってきています

主人が昨年の7月に亡くなりました。相続税の申告について教えて下さい。
サイトによれば申告に4点あるとか・・
①財産に関するもの、登記簿謄本...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

相続税のQ&Aをもっと見る

遺産相続で悩んでいる事を相談してみませんか?

相続相談を投稿する

相続コラム

相続の書籍を執筆している先生に相続について聞いてみたの画像

2017年07月26日 207 views

編集部 (弁護士)編集部

賃貸用不動産の相続税は、入居率が下がると高くなる?の画像

2017年07月25日 208 views

佐藤和基 (税理士)佐藤和基税理士事務所

地積規模の大きな宅地の評価(従来の広大地評価)の画像

2017年06月27日 997 views

佐藤和基 (税理士)佐藤和基税理士事務所

【両親が離婚・再婚時】遺産相続で最も注意すべき3つのことの画像

2016年10月07日 22345 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

親に勘当された(親子の縁を切った)まま親が亡くなった場合、相続はされるのか?の画像

2016年10月06日 12811 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

亡くなった祖母(祖父)が孫名義の預金をしていたらの画像

2016年10月06日 10795 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

親が離婚し疎遠だった親の相続が発生。どうしたらいい?の画像

2016年10月07日 9297 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

相続コラムをもっと見る

相続コラムを執筆してくださる方を募集しています。

コラムを執筆する

相続税 シミュレーション

個人情報は一切特定されずにあなたの遺産相続財産額と相続税金額がシミュレートできます。

あなたの大切な財産だから相続税額の概算を確認しましょう。

ご家族構成と財産額をご入力いただくことにより、相続税額の大まかなシミュレーションを行うことができます。

(このシミュレーションは平成27年1月1日以降に相続が発生した場合の相続税制に基づき相続税額・納税額を試算しております。)

相続相談弁護士ガイドでは具体的な税務の計算および税務申告書類作成にかかる相談業務はおこなっておりません。個別の取り扱いについては、税理士等の専門家、または所轄の税務署に確認のうえ、ご自身の責任において判断ください。

※ ご利用の前に「ご入力時の注意事項」のご確認をお願いします。

STEP1 相続環境の確認(現在の状況を教えてください)

Q1 財産を遺す方は亡くなっていますか?
Q2 財産に関してもめそうですか?もめていますか?

STEP2 法定相続人の確認(家族構成を教えてください)

Q1 配偶者はいますか?
Q2 お子さまはいますか?

※お子さまのうちお亡くなりになった方がいらっしゃる場合はお孫さま(亡きお子さまのお子さま)の人数を含みます。

Q3 父母(父母ともお亡くなりで祖父母がいるときは祖父母)はいますか?
Q4 兄弟姉妹はいますか?

※兄弟姉妹のうちお亡くなりになった方がいらっしゃる場合は甥姪(亡き兄弟姉妹のお子さま)の人数を含みます。

STEP3 相続財産の確認(財産額の合計を教えてください)

現金・預貯金 万円
株式・投資信託等の金融資産 万円
生命保険・死亡保険 万円
不動産 万円
ローン残高等の債務 万円

ご入力時の注意事項

  • 本シミュレーションでは、十分に信頼できると判断される情報に基づいて作成しておりますが、正確性、完全性、信頼性、使用可能性、有用性及び適時性を保証するものではありません。
    • 平成27年1月1日以降に相続が発生した場合。
    • 法定相続人の人数は合計5名までの場合(法定相続人が6名以上の場合はご利用になれません)。
    • すべての相続財産(みなし相続財産を含む)を法定相続人が取得し、かつ相続放棄はない場合。
    • 死亡保険金は契約者(保険料負担者)、被保険者が被相続人、死亡保険金受取人が相続人である保険契約。
    • 子はすべて実子(養子については考慮しておりません)。
  • 各診断結果は、お客さまご自身にご入力いただいた情報と、平成27年1月1日施行の法令をもとに、簡易的な試算をしたものであり、診断結果が実際と異なることがあります。
  • 本シミュレーションでは、相続人がすでにお亡くなりになられ代襲相続が発生する場合で、1人の亡き相続人に対し複数の代襲相続人がいる場合には、対応しておりません。
  • 本シミュレーションでは、小規模宅地等の課税価格の計算の特例や、死亡退職金に係る非課税金額の試算および試算結果の提供は行いません。
  • 小規模宅地等の課税価格の計算の特例や、死亡退職金に係る非課税金額を考慮したシミュレーションを行いたい場合は、「不動産(土地・家屋)」欄にご自身にて計算された控除後の金額をご入力ください。
  • 団体信用生命保険契約が付与されている住宅ローンは、被相続人の死亡により支払われる保険金によって補填されるため、「債務等」欄への入力は不要です。
  • 本シミュレーションは、相続開始3年以内の暦年贈与及び相続時精算課税適用財産の加算は考慮しておりません。
  • 本シミュレーションを利用されたことにより生じた不利益や損害などには、責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 法令改正等により、税務の取り扱いが変更になった場合には変更後の内容が適用されますのでご注意ください。また、個別の取り扱いについては、税理士等の専門家、または所轄の税務署にご確認のうえ、ご自身の責任において判断ください。
  • 配偶者の相続税額については、配偶者の税額軽減特例を適用するものとして計算しています。配偶者の税額軽減の特例の適用を受けるためには申告が必要です。  納付税額が0円で表示された場合でも、申告不要とは限りません。また相続税額の申告期限までに遺産分割が済んでいない場合、原則として特例の適用はありません。詳しくは、税理士等の専門家にご相談ください。
  • 本シミュレーションでは、加算額・控除額は、兄弟姉妹(お亡くなりになった兄弟姉妹がいる場合は亡き兄弟姉妹の子)が相続または遺贈により財産を取得した場合に、2割加算しなければならない相続税額を加算額とし、控除できる相続税額のうち配偶者の税額軽減額だけを控除額として自動表示しています。この他、相続又は遺贈により財産を取得した方が、被相続人の祖父母など被相続人の一親等の血族および配偶者以外の者である場合は、相続税を2割加算しなければなりませんが、考慮しておりません。尚、相続人が既に亡くなっており、相続人の子(被相続人からみると孫)が代襲相続人となる場合には2割加算の対象となりません。
  • 本シミュレーションでは、1万円未満を四捨五入して金額を表示しています。納付税額が0円で表示された場合でも、納付税額が発生する場合がありますのでご注意ください。

「相続相談弁護士ガイド」では、遺産分割・相続税の生前対策など遺産相続に関わる情報を皆様にわかるような内容でご紹介しております。
遺産相続では、人生に数回しか経験することがなく、ご家族以外にも親族全体が関わるため相続人の皆様で相続財産の遺産分割で揉めてしまう「遺産争族」の問題になってしまいます。

専門的な法律も関わってきますので、しっかりとした手続きや手順を踏んでいかないと時間・費用などが余計に掛かってしまうケースもございます。

遺産相続に詳しい弁護士・税理士・司法書士など士業の皆様や、相続診断士、フィナンシャルプランナーなど各分野に精通した方々にもご執筆頂いてますので、様々な観点の知識を身につけることが出来ます。
あくまで皆様の状況によって最適な方法は異なると思いますので、当サイトに掲載の専門家に是非ご相談してみることをおすすめいたします。

グループサイトの紹介