遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 1982

遺産相続に強い弁護士 141

遺産相続、悩んでないで相談しよう。

相続相談弁護士ガイドのイメージ

おすすめの弁護士

相続相談Q&A

qaユーザーのイメージ画像

夫の遺産について

夫が急逝し、遺言書はない。子供が一人。遺産は、自宅建物(土地は義父)、車、預貯金、隣町の土地 。
義弟が、「隣町の土地は、...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

預貯金を勝手に使ってる

遺言書あり(検認済み)で、不動産を4名で分割、残りの財産全てを長男がもつことに。遺言執行者は長男でした。長男は、預貯金を解約して、自己名義の口...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

遺産の分割について

昨年3月に父死亡。不動産の名義は母親。現預金は法定相続。
現預金の分配金から100万円を墓と今後の法事の費用として引かれた。
姉は、20年...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

養子縁組をしていない連れ子に相続されるのか?

父親が再婚した相手に連れ子が居るのですが 、私は父親の長女で継母と養子縁組をしています。
しかし継母の連れ子の息子は父親との養子縁組を拒否し...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

連帯保証人である夫の家の持ち分

義父が亡くなった際、夫が連帯保証人となっていた借金を、経緯はわかりませんが相続しており現在毎月支払っております。

残債は、何千万とあり、...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

遺産分割のQ&Aをもっと見る

qaユーザーのイメージ画像

遺留分の請求について

先日父親が他界し義理母、兄弟二人、そして異母の妹が相続で揉めています。
兄弟と妹の相続する額が余りにも少なすぎるので、遺留分の請求をしたいと...

弁護士回答数 1 回答 勝浦 敦嗣弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

父が他界しました。

公正証書遺言書がある49日の時に開封する予定。相続人は兄弟4人(兄、姉、自身、妹)。
兄夫婦が父を看ていたが兄嫁は、「お金をもらわないと父の...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

遺留分減殺請求訴訟中です。

昨年7月に父が亡くなり、後妻から遺留分減殺請求訴訟を起こされました。後妻は、父の生前には遺産は相続しないと言っていましたが、昨年の10月頃から...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

登記は印鑑証明書が必要?また、遺留分の時効は何年?

自筆の遺言があり、妻(母)と自身に2分の1ずつ相続させる。
執行者は自身を指定する内容で検認済です。

司法書士に確認したところ、母親の...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

遺留分の話をしたが、考えておくと言われた

父が亡くなり、相続が発生、農家を営んでいるため、次男が土地・家屋・土地(農地)を相続
母親が、預貯金を相続(長女・長男・次女)は相続分なし、...

弁護士回答数 1 回答 勝浦 敦嗣弁護士 他

遺留分のQ&Aをもっと見る

qaユーザーのイメージ画像

後見人について

母の兄夫婦は、子供がおりません。
母の兄は、足が不自由で長年病院にかかっており老老介護の状態で、母の兄の奥様の負担も大きく、母の兄の奥様も病...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

伯父の相続の相談をさせてほしい

相続人は兄弟姉妹で、長女・二女・三女。
長女は亡くなっているため、その子2名が代襲相続。

自身は代襲者の1名で預貯金等の分配は終わって...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

祖父は父の後遺症を考え遺言で父に財産を残したのに、叔父に全てを渡すのは納得がいかない

祖父が亡くなり、公正証書遺言書があるらしい。
遺言書には「全ての財産は次男(父)へ」と書かれているらしいが、見せてはもらえない。次男(父)は...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

自分の子どもたちに姑の遺産を相続する権利は認められるのか?再婚したら?

夫は13年前に突然死。今回13回忌が終わり、親族から「これで法要も一段落、自分たちも年なので」と話があった。
姑は施設に入所することになった...

弁護士回答数 3 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

成年後見人の選任を行なってきた、弁護士が選任されているが、自分ではダメなのか?

母親は亡くなっており、自身は唯一の相続人です。
推定相続人ではない祖母の姪(地方県在住)が、いままで祖母の財産管理を行なっていました。

...

弁護士回答数 2 回答 小川 智史弁護士 他

成年後見のQ&Aをもっと見る

qaユーザーのイメージ画像

相続分を増やせるかどうか。

二女は生前に5000万円の贈与を受けている。被相続人は遺言書を残しており、二女の相続分は0。
遺言書は検認を受けている。...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

他界した父の遺言書について

父が他界し、相続人は義理母、兄弟2人の3人です。
父が残した遺言書の内容を義理母は知っていて持っています。父が他界して2ヶ月たちますがまだ3...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

私は独身の伯母と仲良くしていた関係です。

信託銀行に頼んで公正証書遺言を作成し、自身に全て相続させようとしていたが、当時は、全て相続したら他の相続人の手前、問題もあるだろうと考えて伯母...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

自身の遺言書作成についての相談

最近ガンを患い、現在は経過観察中で、私には夫はいるものの、子供はなし。
すでに両親は離婚しており、父とは30年以上音信不通だが、長女とは連絡...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

遺言に関して

直筆の遺言書に不動産についてのみ記載があるが、財産すべてのことが書かれていない場合、その遺言書は無効にならないのか?
また、こういった場合は...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

遺言書のQ&Aをもっと見る

qaユーザーのイメージ画像

母はまだ健在だが、今後についての相談をしておきたい

自身は長女
母は92歳でまだ健在。認知症等も入ってなく、元気に生活している。
父は既に他界しているため、母の相続が開始された場合の法定相続...

弁護士回答数 2 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

生前対策の相談

父は高齢で、現在病気療養中のため、相続対策として相談しておきたい。

相続の対象となる財産は、現金が約2000万円。
加えて、都内に約1...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

生前贈与に関して返せと言われるか?

母はずんぶん前になくなり、父親が70歳で健在だが、今になって再婚を考えている。

父親は資産を持っているので、再婚前に子供たちに生前贈与を...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

父名義の家

父の意識がしっかりしている間に父名義の家を私と姉の名義にしたいと思っています。
その場合の手続きについて教えてください。家の価値を調べるには...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

父の意思とは違う文章の公正証書遺言案を出してきました

生前の相談です。父は90以上の高齢だが、しっかりしている。資産があるので次女が弁護士を付けて公正証書遺言書を作成したほうが言いと、知り合いの弁...

弁護士回答数 2 回答 小川 智史弁護士 他

生前対策のQ&Aをもっと見る

qaユーザーのイメージ画像

10年以上疎遠であった父が、孤独死した。

両親の離婚後、10年以上疎遠であった父が、孤独死した。まだ、DNA鑑定中だが、働いていた形跡
もなく、借金しか残っていないものと考えられる。...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

相続放棄

一昨日、82歳の父が相続放棄完了後、一カ月半位してから銀行から連絡があり、口座解約してしまい現金で三十万持って帰ってきました。
相続放棄は無...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

20年以上接点がない実家の相続

私は50代の主婦です。親に縁を切られ結婚してから27年、音信を絶っていました。私には妹があり、結婚したようですが、その妹とも疎遠です。
実...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

相続の話が進みません。

建設業をしていた父が他界。半身不随の母は施設暮らし、私と妹は嫁ぎ後継ぎはおりません。
自宅敷地内に事務所等あり 母の姉が事務をしており 父の...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

遺産相続放棄について

1.発端
ある地方都市の市役所から以下内容の封書が郵送されてきました。
①あなたのお祖父さん(父の父)が所有者である建物(住居)が、倒壊の...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

相続放棄のQ&Aをもっと見る

qaユーザーのイメージ画像

喫茶店を継ぐと他の相続権も主張できるのか?

母と離婚した後、公務員である後妻と結婚。その後、事故で父が急死しました。
不動産は、自分家族が住んでいた父単独名義の戸建(現在、弟夫妻が住ん...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

父の建築業を兄が継いで

一階が工場 二階が住居になっている土地と建物の名義を父から兄に変更しました
両親共健在ですが高齢です すでに兄の名義になっているので妹であ...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

期限が迫っていて困っています

主人が昨年7月に亡くなりました。相続税の申告の手続きを教えて下さい。簡単ですが、主人の資産は少なく預貯金は数十万円、府民共済100万円で借金は...

弁護士回答数 0 回答

qaユーザーのイメージ画像

10ヶ月の期限が迫ってきています

主人が昨年の7月に亡くなりました。相続税の申告について教えて下さい。
サイトによれば申告に4点あるとか・・
①財産に関するもの、登記簿謄本...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

父の遺産を相続せずに母に預かってもらっていた相続について

10年前に父親死亡。今般、母親の遺産相続についての相談です。

相続人は私のみです、現金は1億4000万円とマンションと土地があり、現金の...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

父の名義の土地が生前に父の姉妹に所有権移転されていることが発覚

自身の父は5年前に死亡している。
父母は離婚しており、自身は子であるが他に兄弟姉妹がいるかは分からない。

自身は父名義の土地の上に、建...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

qaユーザーのイメージ画像

控除の特例のようなものがあると聞いたのですが

父親が他界しました、長女は相続放棄の申述を行ないました。

遺産は、自宅の土地建物の持分で生前に母親に1900万円分を贈与し、長男いは17...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

相続税のQ&Aをもっと見る

遺産相続で悩んでいる事を相談してみませんか?

相続相談を投稿する

相続コラム

地積規模の大きな宅地の評価(従来の広大地評価)の画像

2017年06月27日 673 views

佐藤和基 (税理士)佐藤和基税理士事務所

日本居住の外国人が亡くなった場合の相続方法や財産の把握の画像

2017年05月15日 838 views

酒井 ひとみ (弁護士)小島国際法律事務所

「相続対策として有効な不動産投資」をわかりやすく解説の画像

2017年05月12日 700 views

不動産投資Times (その他)プロパティエージェント株式会社

【両親が離婚・再婚時】遺産相続で最も注意すべき3つのことの画像

2016年10月07日 21086 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

親に勘当された(親子の縁を切った)まま親が亡くなった場合、相続はされるのか?の画像

2016年10月06日 11987 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

亡くなった祖母(祖父)が孫名義の預金をしていたらの画像

2016年10月06日 10107 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

親が離婚し疎遠だった親の相続が発生。どうしたらいい?の画像

2016年10月07日 8339 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

相続コラムをもっと見る

相続コラムを執筆してくださる方を募集しています。

コラムを執筆する

相続税 シミュレーション

個人情報は一切特定されずにあなたの遺産相続財産額と相続税金額がシミュレートできます。

あなたの大切な財産だから相続税額の概算を確認しましょう。

ご家族構成と財産額をご入力いただくことにより、相続税額の大まかなシミュレーションを行うことができます。

(このシミュレーションは平成27年1月1日以降に相続が発生した場合の相続税制に基づき相続税額・納税額を試算しております。)

相続相談弁護士ガイドでは具体的な税務の計算および税務申告書類作成にかかる相談業務はおこなっておりません。個別の取り扱いについては、税理士等の専門家、または所轄の税務署に確認のうえ、ご自身の責任において判断ください。

※ ご利用の前に「ご入力時の注意事項」のご確認をお願いします。

STEP1 相続環境の確認(現在の状況を教えてください)

Q1 財産を遺す方は亡くなっていますか?
Q2 財産に関してもめそうですか?もめていますか?

STEP2 法定相続人の確認(家族構成を教えてください)

Q1 配偶者はいますか?
Q2 お子さまはいますか?

※お子さまのうちお亡くなりになった方がいらっしゃる場合はお孫さま(亡きお子さまのお子さま)の人数を含みます。

Q3 父母(父母ともお亡くなりで祖父母がいるときは祖父母)はいますか?
Q4 兄弟姉妹はいますか?

※兄弟姉妹のうちお亡くなりになった方がいらっしゃる場合は甥姪(亡き兄弟姉妹のお子さま)の人数を含みます。

STEP3 相続財産の確認(財産額の合計を教えてください)

現金・預貯金 万円
株式・投資信託等の金融資産 万円
生命保険・死亡保険 万円
不動産 万円
ローン残高等の債務 万円

ご入力時の注意事項

  • 本シミュレーションでは、十分に信頼できると判断される情報に基づいて作成しておりますが、正確性、完全性、信頼性、使用可能性、有用性及び適時性を保証するものではありません。
    • 平成27年1月1日以降に相続が発生した場合。
    • 法定相続人の人数は合計5名までの場合(法定相続人が6名以上の場合はご利用になれません)。
    • すべての相続財産(みなし相続財産を含む)を法定相続人が取得し、かつ相続放棄はない場合。
    • 死亡保険金は契約者(保険料負担者)、被保険者が被相続人、死亡保険金受取人が相続人である保険契約。
    • 子はすべて実子(養子については考慮しておりません)。
  • 各診断結果は、お客さまご自身にご入力いただいた情報と、平成27年1月1日施行の法令をもとに、簡易的な試算をしたものであり、診断結果が実際と異なることがあります。
  • 本シミュレーションでは、相続人がすでにお亡くなりになられ代襲相続が発生する場合で、1人の亡き相続人に対し複数の代襲相続人がいる場合には、対応しておりません。
  • 本シミュレーションでは、小規模宅地等の課税価格の計算の特例や、死亡退職金に係る非課税金額の試算および試算結果の提供は行いません。
  • 小規模宅地等の課税価格の計算の特例や、死亡退職金に係る非課税金額を考慮したシミュレーションを行いたい場合は、「不動産(土地・家屋)」欄にご自身にて計算された控除後の金額をご入力ください。
  • 団体信用生命保険契約が付与されている住宅ローンは、被相続人の死亡により支払われる保険金によって補填されるため、「債務等」欄への入力は不要です。
  • 本シミュレーションは、相続開始3年以内の暦年贈与及び相続時精算課税適用財産の加算は考慮しておりません。
  • 本シミュレーションを利用されたことにより生じた不利益や損害などには、責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 法令改正等により、税務の取り扱いが変更になった場合には変更後の内容が適用されますのでご注意ください。また、個別の取り扱いについては、税理士等の専門家、または所轄の税務署にご確認のうえ、ご自身の責任において判断ください。
  • 配偶者の相続税額については、配偶者の税額軽減特例を適用するものとして計算しています。配偶者の税額軽減の特例の適用を受けるためには申告が必要です。  納付税額が0円で表示された場合でも、申告不要とは限りません。また相続税額の申告期限までに遺産分割が済んでいない場合、原則として特例の適用はありません。詳しくは、税理士等の専門家にご相談ください。
  • 本シミュレーションでは、加算額・控除額は、兄弟姉妹(お亡くなりになった兄弟姉妹がいる場合は亡き兄弟姉妹の子)が相続または遺贈により財産を取得した場合に、2割加算しなければならない相続税額を加算額とし、控除できる相続税額のうち配偶者の税額軽減額だけを控除額として自動表示しています。この他、相続又は遺贈により財産を取得した方が、被相続人の祖父母など被相続人の一親等の血族および配偶者以外の者である場合は、相続税を2割加算しなければなりませんが、考慮しておりません。尚、相続人が既に亡くなっており、相続人の子(被相続人からみると孫)が代襲相続人となる場合には2割加算の対象となりません。
  • 本シミュレーションでは、1万円未満を四捨五入して金額を表示しています。納付税額が0円で表示された場合でも、納付税額が発生する場合がありますのでご注意ください。

「相続相談弁護士ガイド」では、遺産分割・相続税の生前対策など遺産相続に関わる情報を皆様にわかるような内容でご紹介しております。
遺産相続では、人生に数回しか経験することがなく、ご家族以外にも親族全体が関わるため相続人の皆様で相続財産の遺産分割で揉めてしまう「遺産争族」の問題になってしまいます。

専門的な法律も関わってきますので、しっかりとした手続きや手順を踏んでいかないと時間・費用などが余計に掛かってしまうケースもございます。

遺産相続に詳しい弁護士・税理士・司法書士など士業の皆様や、相続診断士、フィナンシャルプランナーなど各分野に精通した方々にもご執筆頂いてますので、様々な観点の知識を身につけることが出来ます。
あくまで皆様の状況によって最適な方法は異なると思いますので、当サイトに掲載の専門家に是非ご相談してみることをおすすめいたします。

グループサイトの紹介