遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 5777

遺産相続に強い弁護士 184

遺産相続、悩んでないで相談しよう。

相続相談弁護士ガイドのイメージ

おすすめの弁護士

相続相談Q&A

ユーザー

離婚した父の相続が発生した

父と母は離婚が成立しており、子は長男と次男の二人、私は長男で、次男は既に死亡しております。
30数年前、父のDV被害から逃れるため、母と私・...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

6-B-2.妻・父・母が亡くなり、子供がおらず兄弟がいる場合

6-B-2.妻・父・母が亡くなり、子供がおらず兄弟がいる場合で、被相続人が養子であった場合ですが「兄弟」は養子になる前の兄弟と養子としての兄弟...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

債務引受と特別受益

父と長男は祖父から賃貸マンションと建設時の債務を相続しました。
祖父の遺産分割が完了した2年後に長男の債務を父が全額引受けました。
これは...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

祖父母の遺産の分け方で話が進まない

5年前に祖父が亡くなった時、祖母は何も相続せず、長男(私の父)3,000万円、土地建物を長女、次女に700万円づつ分割協議書作成をしてわけまし...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

被相続人の子が先に死亡した場合、被相続人の妻及び生存している子の相続分

被相続人(※配偶者有り)死亡前に、すでに被相続人の子計2名のうち、1名が死亡(※配偶者・子なし)していた場合、相続人は、配偶者及び生存している...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

遺産分割のQ&Aをもっと見る

ユーザー

相続分を請求したい

数十年前に亡くなった、義母の相続に関しての質問ですが、それ以前に亡くなった父親名義の土地・建物の登記を、母親が死亡する2ヶ月前に法定相続分で登...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

相続分の請求ができるか

相続人は母及び3人の姉妹長女・二女・三女で、父の相続の件です。
私は三女ですが、自筆の遺言書が出てきて、全てを母に相続させる旨が記されていま...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

第三者への相続の分配が多い

母の妹は独身であったため、配偶者も子もいません。
両親も他界しており、姉と兄も亡くなっています。
姉に子が2人(私、弟)、兄にも子が1人い...

弁護士回答数 2 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

遺留分

元旦那が亡くなりました。
元旦那との間には子供が2人おり、未成年です。
私が親権者です。
遺言書には実の兄弟2人に財産全てをやるとの事で...

弁護士回答数 2 回答 本田 幸則弁護士 他

ユーザー

義父の遺産

義父が亡くなり、夫の兄弟たちとは血の繋がりのない後妻が、全ての財産を相続しました。
義父は、後妻の連れ子に別荘を譲渡しています。
夫は遺留...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

遺留分のQ&Aをもっと見る

ユーザー

遺言書はないのですが

元夫が亡くなる前に『子どもの為に貯めた預金がある。そのお金は、子どもに渡して欲しい』とのことを元夫の父親から聞きました。元々働かない元夫は借金...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

念書の有効性

祖父が亡くなりました。
母親は祖父が亡くなった次の年に亡くなり、祖母は去年亡くなりました。
祖父が生前、母親の兄弟より...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

認知症の叔母の財産管理について

 子供はなく、夫はすでに他界した叔母に関してです。この叔母とは血縁関係はありません。
日頃親戚との付き合いはない叔母は、唯一訪ねていく私に将...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

遺言書の偽造

父が亡くなり、自筆の遺言書があることは、後から分かりました。
「義母に全ての遺産を相続させる。義母が亡くなった時には、姉妹3人で話し合うこと...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

遺言書について

負債は全くないですが、節税対策も含め、ある建設会社にに頼んで、16部屋のアパートを平成27年に建てました。
現在13部屋埋まっていて。家賃全...

弁護士回答数 2 回答 小川 智史弁護士 他

遺言書のQ&Aをもっと見る

ユーザー

代理人に不信感をもっている

祖母が亡くなった時は、相続について手を付けておりませんでした。
今年の初め、司法書士に頼んで処理をすることにしました。
長女は認知症の為、...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

相続遺産がはっきりしない。

2001年に母親が亡くなり財産はないということで相続は発生しませんでした。その7週間後父が亡くなり財産分割協議し終了しました。2017年になっ...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

分割するはずの遺産が不明

私の父の相続の件で、相続人は母、長女、次女になります。私は長女です。
不動産及び車については、母の名義に変更することに同意し、遺産分割協議書...

弁護士回答数 1 回答 中野 希美弁護士 他

ユーザー

弁護士に頼むと、調査とはどういった方法があるのか?

自筆遺言を遺して母が死亡した。検認も終わっており、現在兄から自身(長女)と弟(次男)に対して遺留分減殺請求を受けて任意の交渉中である。(父の死...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

財産調査に関して

父親が認知症のうえ末期癌で余命ひと月です。

父は離婚をして実家に1人住まいでしたが兄夫婦が父の定年退職を機に退職金で新築購入をして同居を...

弁護士回答数 1 回答 岡田 晃朝弁護士 他

財産調査のQ&Aをもっと見る

ユーザー

相続分の預金より負債が多いときは?

祖母は数年前に亡くなっています。
母と離婚した父が、祖母の子(二男)にあたります。
父は、この前亡くなったばかりですが、負債がかなりあり相...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

主人が他界、両親が相続放棄で権利が弟に移るか?

子供がおらず、夫婦二人暮らしの主人が亡くなりました。
両親健在の為 相続は私と主人の両親の3人になります。
両親は 放棄すると言っています...

弁護士回答数 2 回答 本田 幸則弁護士 他

ユーザー

相続放棄は必須でしょうか

私は実家から遠く離れて暮らしており、実家には妹夫妻と高齢の母が暮らしています。
ふと気になったのですが、仮に母が亡くなった場合、実質的には実...

弁護士回答数 3 回答 岡田 晃朝弁護士 他

ユーザー

相続放棄された空き家の対応

隣の家に住んでいた男性(独身)が一昨年亡くなられ、昨年にはその母親(父親はすでに他界)が亡くなられ、隣の家が空き家になりました。
この空き家...

弁護士回答数 2 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

父の債権の放棄

伯父が抱えていた保証債務を父が相続していました。
父も亡くなっており、最近債権者より請求がきて、初めて債務の存在がわかりました。
私と私の...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

相続放棄のQ&Aをもっと見る

ユーザー

父の預金が使い込まれていた

父と母の相続の件、相続人は私が長女で、あと長男がいます。
2年前に母が死亡した当時、父は既に認知症を患っており、入院していました(判断能力は...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

預金と遺言書

母は5年前に他界していて、今回父が亡くなり、父の相続についてです。
相続人は長女と次女で、私は次女にあたります。
父の面倒については、最期...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

財産が減っているので調べたい

母親が亡くなった時、所有のアパートを父が相続し、土地を姉と私で半分ずつ相続しました。
最近、父親がなくなり、姉が介護も含...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

預金を勝手に引き出していた

母の相続の件で、亡くなった当日に、姉が100万円引き出していることが発覚し、その後、通帳等は私が保管していました。
姉より...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

母の不動産や貯金について

母は、現在認知症で残り僅かの命であると考えられます。
私の妹は、婿養子を取り、母と同居しています。
実家は、知らぬ間に妹の夫名義になってい...

弁護士回答数 2 回答 新 英樹弁護士 他

遺産使い込みのQ&Aをもっと見る

ユーザー

養子の相続

婚姻もせず、子供もいなかった三姉妹の長女が亡くなりました。
相続財産は預金とマンションですが、相続手続を進めるために戸籍等の収集を行なったと...

弁護士回答数 2 回答 本田 幸則弁護士 他

ユーザー

前夫の母親の相続について

私の前夫の母の相続について、私と相続人である前夫は10年前に離婚しています。
前夫の母は、自筆遺言にて、長男である前夫に...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

成年後見人

「認知症で十分な判断能力がない人は、成年後見人をつけるのが良い。」とのことですが、これは権利ですか、義務ですか。
私はつけたいのですが、親戚...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

成年後見人トラブル

身寄りのいない父の叔母の面倒を見てました。
財産管理のため、司法書士に成年後見人を頼みました。
5ヵ月前に亡くなって、そこで成年後見人を終...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

相続と義兄の面倒見について

現在、家族で議論となっております。半年前私の姉がなくなりました。その姉には足が不自由な旦那さん(つまり義兄にあたります)がいますが、子供はおり...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

認知症の母の遺言書について

母は、自筆で遺言書を残しており、3人の子供に相続する指定を行なっています。
また、その遺言書は皆が知っています。
現在、母は健在であるが、...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

成年後見のQ&Aをもっと見る

ユーザー

特定受益の持ち戻し

父の会社を弟が生前贈与されました。
弟は、病後の父のたっての要請で勤めていた会社を退職し事業を継承したため持ち戻し免除を主張し、当方は弟が自...

弁護士回答数 1 回答 村上 匠弁護士 他

ユーザー

喫茶店を継ぐと他の相続権も主張できるのか?

母と離婚した後、公務員である後妻と結婚。その後、事故で父が急死しました。
不動産は、自分家族が住んでいた父単独名義の戸建(現在、弟夫妻が住ん...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

父の建築業を兄が継いで

一階が工場 二階が住居になっている土地と建物の名義を父から兄に変更しました
両親共健在ですが高齢です すでに兄の名義になっているので妹であ...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

伯母の相続

母方の伯母の相続についてです。
私の母は既に他界しているが、9人兄弟姉妹で、生きているのは2人だけです。
その内の一人の伯母の面倒を私が看...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

贈与信託と私学助成金

今年、信託銀行の贈与信託を利用し、贈与を受けました。来年も受ける予定です。
来春、息子が高校入学なのですが、私立に入学した場合、世帯年収60...

弁護士回答数 0 回答

ユーザー

相続問題でもめています

現在、私は学生です。
生前贈与、相続問題で叔父家族とその弟家族である私たちでもめています。
今、祖母と叔父家族は祖母名義の実家に一緒に住ん...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

夫の相続

夫は65歳の高齢であるため、完璧な相続手続をしたいと考えています。
10年前に前妻の子供達には、相続放棄の署名を貰ってい...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

相続権と認知症気味の母の相続について

父は亡くなっており、ほとんど全ての財産を母が相続しました。
現在母は認知症気味です。
そして弟が亡くなり、離婚した元妻がいましたが、親権は...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

生前対策のQ&Aをもっと見る

ユーザー

固定財産について教えてください

元夫が亡くなり、元夫との間に子どもが一人いましたが、未成年であり元夫には借金があった為、相続放棄をしました。相続人は元夫の父親の相続しました。...

弁護士回答数 1 回答 小川 智史弁護士 他

ユーザー

相続申告のセカンドオピニオン

平成17年に妻が相続時精算課税を使い母親より3000万の贈与を受けました内1000万は住宅資金特別控除。
上記なので贈与税は発生しませんでし...

弁護士回答数 1 回答 橘高 和芳弁護士 他

ユーザー

相続税の対策

この度母が亡くなりました。
今後父が他界した場合、今から税金対策をしないと多額の相続税を支払わなければならなくなると兄から言われました。 ...

弁護士回答数 0 回答

ユーザー

相続税について

叔父の相続で発生する税金についての質問です。
遺産総額7000万円を父をはじめとする兄弟4人で相続をするが、このときの相続税はどれくらいかか...

弁護士回答数 1 回答 橘高 和芳弁護士 他

ユーザー

相続 時効取得か譲渡

土地について時効相続できる可能性があります。
1人反対する人がいます。
時効取得か譲渡どちらがメリットがありますでしょうか?
また、一旦...

弁護士回答数 0 回答

相続税のQ&Aをもっと見る

遺産相続で悩んでいる事を相談してみませんか?

相続相談を投稿する

相続コラム

【両親が離婚・再婚時】遺産相続で最も注意すべき3つのことの画像

2016年10月07日 35571 views

編集部

親が離婚し疎遠だった親の相続が発生。どうしたらいい?の画像

2016年10月07日 25720 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

親に勘当された(親子の縁を切った)まま親が亡くなった場合、相続はされるのか?の画像

2016年10月06日 20872 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

亡くなった祖母(祖父)が孫名義の預金をしていたらの画像

2016年10月06日 18626 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

相続コラムをもっと見る

相続コラムを執筆してくださる方を募集しています。

コラムを執筆する

遺産相続を弁護士に依頼する理由とは?

遺産相続で揉めてしまいそうな方向け

1. 遺産相続を弁護士に相談・依頼するメリットとは?

相続の専門家でも得意分野が異なる

遺産相続の専門家は、弁護士・税理士・司法書士・信託銀行・相続診断士・生命保険のファイナンシャルプランナーなど多数いますが、それぞれ得意な分野が異なります。

遺産相続問題は何故弁護士に相談すべきなのか。 それは、相続で対応出来る業務範囲が広く、裁判や調停にも詳しいため争わないための方法や争いになった際の解決策などにも詳しいからです。

下の表をご覧下さい。

  弁護士 税理士 司法書士 ファイナンシャルプランナー
不動産名義変更
(相続登記)

※別途費用発生
×
※別途費用発生
×
※別途費用発生
×
※別途費用発生
遺言書検認 × × ×
相続放棄 × × ×
戸籍などの収集 ×
相続財産の調査 ×
金融機関の
相続手続き
×
各種保険の相続手続き
遺産分割協議書作成 ×
相続税申告 税理士資格を持つ
弁護士なら○
× ×

例えば、不動産登記のみなどをお願いしたいのであれば、司法書士などだけでも問題ございませんが、それ以外にも問題が起きそうな可能性があれば、念のため相談出来る弁護士がおすすめです。 また、どの専門家に相談するとしても、相談をする際には以下の内容を確認しておいた方が良いでしょう。

2. 相続の相談のコツ・仕方

相続問題を弁護士などの専門家に相談する時には、事前に情報をまとめておくと話がスムーズです。 1. 揉めているのであれば、その内容 2. 遺言書の有無とその内容 3. 誰が亡くなったのか(被相続人) 4. 亡くなった方の時点での家族構成 5. 相続財産の種類と金額 6. 希望の解決方法

遺産相続が発生して間もない方向け

1. 遺産相続が発生した際に、やることリストは?

遺産相続の全体スケジュールとやることを把握しましょう。 借金が多い場合・揉めるのが嫌だから相続したくない場合の選択肢「相続放棄」は、3ヶ月という期限があります。 また、遺言書があるかどうかどうやって確認するのか?勝手に開封して良いのか?死亡届や銀行口座まわりの手続きなど、今まで経験したことの無い作業が有り、期限があるものも。 手続きしないと貰えない「遺族年金」なども案内はありませんので、忘れがちなので注意が必要です。

2.遺産相続には期限があります。

遺産相続には各手続きに期限があります。 借金がある場合に重要な 「相続放棄」は3ヶ月。 相続財産が多額の場合の相続税の額も大きくなり 「相続税の申告」は10ヶ月以内 は特に重要です。

相続では、不動産なども関係してくるため大きな金額が動きますので、今後のあなたの生活を左右する大事な手続きかもしれません。

3. 法定相続分:私の法定相続分はどのくらい?

遺産相続の際には、「遺言書」で相続の分配について触れていた場合、故人の意思が尊重されます。
しかし遺言書が無い場合は、亡くなった方(被相続人)の配偶者・子(既になくなっている場合は孫)・親・兄弟姉妹の順で優先順位と貰える割合「法定相続分」が法で定められています。

まだ、相続が発生していなくても、アナタのもらえる割合がいくらなのか、知っておくことが大事です。

4. 相続の割合・配分はどのくらい?

遺産相続で揉める理由の一つが、法律で定められているあなたが貰えるはずの相続分(「法定相続分」)と、亡くなった方が遺言書を遺していた金額に大きな開きがあり、納得できないケースです。

家族構成によって、貰える割合は多種多用なのですが、計算方法やルールを覚える必要は有りません。

あなたの家族構成の場合、誰がどのくらいもらえるはずなのか、最低限もらえる相続分(遺留分)はいくらなのか、把握することが大事です。

「相続相談弁護士ガイド」では、遺産分割・相続税の生前対策など遺産相続に関わる情報を皆様にわかるような内容でご紹介しております。
遺産相続では、人生に数回しか経験することがなく、ご家族以外にも親族全体が関わるため相続人の皆様で相続財産の遺産分割で揉めてしまう「遺産争族」の問題になってしまいます。

専門的な法律も関わってきますので、しっかりとした手続きや手順を踏んでいかないと時間・費用などが余計に掛かってしまうケースもございます。

遺産相続に詳しい弁護士・税理士・司法書士など士業の皆様や、相続診断士、フィナンシャルプランナーなど各分野に精通した方々にもご執筆頂いてますので、様々な観点の知識を身につけることが出来ます。
あくまで皆様の状況によって最適な方法は異なると思いますので、当サイトに掲載の専門家に是非ご相談してみることをおすすめいたします。

グループサイトの紹介