遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 2239

遺産相続に強い弁護士 161

やました しょう

山下 翔 弁護士

山下 翔の画像

リトラス弁護士法人

大阪府大阪市西区西本町1-7-1 信濃橋FJビル6F

大阪府
遺産分割
遺留分
遺言書
生前対策
相続放棄
事業承継
相続税

■相続問題でお悩みの方へ
身近な方が亡くなり、悲しみを抱えながら無事に葬儀を終えても、やらなければならないことはたくさんあります。
大切なご家族が亡くなったという悲しみに暮れる間もないまま、相続の手続きに頭を悩ませるなど、ご遺族にとっては多大な負荷がかかります。ただでさえ大変な遺産分割の話し合いも、親族が近隣に住んでいない場合は、円滑に進めることが難しくなります。
このようなとき、遺言書があるかどうか、特別受益や寄与分が発生するか、遺産分割の方法はケースによって複雑であり、相続人全員が納得しなければなりません。そして何より、遺産相続では亡くなられた方やご遺族の意思が尊重されることが大切です。
このような相続問題は、誰もが初めての経験であり、対処しきれない事も多いと思います。専門家の立場で、スムーズに相続の手続が完了するよう、全力で対処させて頂きます。

■ 依頼者の方の希望する解決を実現します
依頼者の方によって希望する解決は様々です。親族と関係をこじらせないように、出来る限り円満に解決したいという方もいれば、とにかく自分の主張が認められるように徹底的に争いたいという方もいます。
当事務所では、たとえ法律的には妥当な解決であったとしても、ご本人の希望に沿わない解決では意味がないと考えておりますので、依頼者の方の希望を第一として、法律によって定められた妥当な解決を念頭に置き、ご希望される解決の実現を目指し、手続き・交渉等を進めていきます。場合によっては、親族の方が相手でも、最大限の利益を追求すべく徹底的に戦います。

■迅速かつ正確に手続を進めます
相続案件は、相続人や相続財産など調査するべき事項が多く、また話し合いが手続の中心になるため、手続が長期化することが多いとと言えます。当事務所は、少しでも早く依頼者の方の心理的負担をなくすことが、依頼者の方の利益になると考え、最大限のスピードで慎重かつ正確に手続を進め、迅速な解決を目指します。

相談者様が笑顔になれるよう尽力するのが弊所のお仕事です。どんなご相談でもお気軽にお問い合わせください。

山下 翔 弁護士が答えた相続相談Q&A

qaユーザーのイメージ画像

相続権問題発生しました。

昨日の事ですが、私宛に(兵庫県宝塚市)に在る法律事務所から、簡易書留が届きました。その内容ですが、私に母方の祖母が居て、今年の4月に亡くなった...

山下 翔弁護士の画像

相続放棄をしたほうが良いということはないと思いますが…

祖母の遺産についてどこまで正確に把握されているのかわかりませんが、基本的に、相続放棄をした方が良いということはないと思います。
ただ、これ以...

山下 翔 弁護士の詳細情報

基本情報

所属弁護士会 大阪
弁護士番号 46722
ふりがな やました しょう
弁護士名 山下 翔
性別 男性
電話番号 0066-9751-4922
注力分野 遺産分割 遺留分 遺言書 生前対策 相続放棄 事業承継 相続税

自己紹介

学歴

2004年3月  雲雀丘学園高等学校 卒業
2004年4月  大阪市立大学 経済学部 入学
2008年3月  同 卒業
2008年4月  関西学院大学大学院 司法研究科(法学未修者) 入学
2011年3月  同 修了

経歴

2011年9月  司法試験 合格
2012年12月 大阪弁護士会 入会
2012年12月 大阪法律センター法律事務所 入所
2017年7月  リトラス弁護士法人 設立

資格

社会保険労務士

実績

年間実績 20件相談
総実績 100件相談
事例
解決事例

兄弟間の遺産分割問題

■相談前
 相談者の母が亡くなり、相談者と相談者の姉との間で遺産分割協議書を作成したものの、その際の姉に対する説明及び協議が不十分であったようで、その後、姉の代理人弁護士から遺産分割調停の申立が為された。
 主な財産は、相談者の母及び相談者夫妻が居住していた土地建物を含む不動産であった。
 数回の調停を重ねたものの、双方互いに相談者の母から多額の贈与を受けたことなどを主張し始め、感情的対立も激しくなり、議論が錯綜して遅々として調停が進まないような状況のようであった。
 そのような状況のなかで、相談者は、相談者の姉のみならず、姉の代理人弁護士や調停委員にも不信感を抱き、公平な話し合いがなされているのか不安を覚え、ご相談に来られた。

■相談後
 相談者との間で綿密な打ち合わせを行ったうえ、調停に出席し、相手方と協議を行った。
 調停委員の相談者に対する説明が不十分であった点は見られたものの、相手方代理人は一定程度合理性のある主張をしていることが確認されたため、相談者に対し、その内容を説明したところ納得が得られた。
 速やかな解決をはかるため、双方とも、主要な財産に関する主張以外は敢えて問題にはしないことで基本的な合意を行った。
 また、不動産については、現物分割をすることで基本的な合意を行ったものの、水道管やガス管等の配置の関係で、工事を行う必要が生じたため、工事業者と打ち合わせたうえ、現場に立ち会うなどしたうえ、不動産業者などとも協議を行って、平等な割合になるよう不動産を分割した。
 
■弁護士からのコメント
 相続問題については、感情的な対立があるために、合理的な解決が図れない状況に陥っていることが多いように思います。相談者との間で時間をかけて打ち合わせを行い、相談者ご本人の要望も踏まえたうえで、法的にどのような主張が可能か相談者に提示し、場合によっては早期解決をはかるためにお互いに一定の譲歩をすることも考えていくべきだと思います。
相談者は、金銭的に窮迫していたところ、遺産分割問題を速やかに解決することができ、相続した財産を相談者の事業の原資に充てることができ、大変喜んでいただきました。

料金・費用情報

相談料金 電話相談・無料 メール相談・無料 面談・ 初回無料
相談について 出張相談可能 土日・祝相談可能 18時以降相談可能
その他対応 着手金無料有 24時間予約受付
お支払方法 完全成功報酬 法テラス利用可
着手金 10万円(税別)〜
成功報酬 10万円(税別)〜
出張費 弁護士が遠方へ出張するときには、出張旅費・交通費を別途申し受けます。
備考

料金につきましては、お客様のご相談の上、柔軟に対応させていただきます。

アクセス

〒5500005
大阪府大阪府大阪市西区西本町1-7-1 信濃橋FJビル6F

最寄り駅
  • 大阪市営地下鉄四つ橋線 本町駅 徒歩 1分

山下 翔弁護士への問い合わせ

0066-9751-4922 (無料通話)

8時20分時現在は営業時間外となります。メールでのお問い合わせがおすすめです。

メールで相談する
受付時間
  • 平日 9時00分 19時00分
定休日 土曜 日曜 祝日
備考

平日夜間、土日祝日は事前にご連絡頂ければ相談可

対応エリア 全国