遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 1982

遺産相続に強い弁護士 150

特別失踪(とくべつしっそう)のアイキャッチ

特別失踪(とくべつしっそう)

1024 Views
2016年10月05日 公開
特別失踪(とくべつしっそう)のアイキャッチ

特別失踪とは、危難失踪とも指す場合もあり、戦争に臨んだ、墜落しそうな飛行機の中にいた・遭難した船舶の中にいたなど、震災や戦争など死亡の原因となるという人について、飛行機が墜落した・船舶が沈没した・戦争が終わった時から1年間生死が経過しても明らかでないという場合に認められる事を指します。

他には天災、(地震・暴風・火災・雪崩・山崩れ・洪水等)事故(野獣による襲撃等、断崖からの転落)なども含まれます。

利害関係人が裁判所へ(失踪宣告)の特別失踪の申立てを行い、危難が去った際に死亡した(失踪宣告)が認められます。

死亡したものと認められると、死亡となるので財産関係や身分関係の相続の手続きが行えるようになります。

審判が確定した証明書(審判書謄本)が送達された日から、2週間以内に仮に審判に対して不服がなければ、審判の内容は確定し、申請に基づき確定証明書が交付されます。

失踪宣告の審判が確定すると、失踪期間満了のときに死亡したと確定します、市区町村役場(本人の本籍地又は届出人の住所地)へ審判確定の日から10日以内に失踪届と一緒に審判書の謄本および確定証明書(原本提出)を提出します。

失踪宣告でもし、失踪宣告によって亡くなったとされた時期と異なる事の証明があるとき、または失踪者が生きていることが判明した場合取り消しとなり、相続は元の初めの状態に戻り、無かったことになる、婚姻は解消しなかったことになり、財産関係や身分関係が元通りに復活します。

普通失踪とは?⇒

失踪宣告とは?⇒

この記事の著者

編集部の画像

編集部 (弁護士)編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士

遺産相続に強い弁護士相談

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士