遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 1982

遺産相続に強い弁護士 155

任意後見(にんいこうけん)のアイキャッチ

任意後見(にんいこうけん)

273 Views
2016年10月06日 公開
任意後見(にんいこうけん)のアイキャッチ

任意後見とは、自身の将来の後見人の候補者をあらかじめ選任しておくものを指します。

後見人となる事を引き受けた方を任意後見受任者と指し、任意後見の効力が発生すると任意後見人となります。

具体的には、今は元気なのだが将来が心配、もし判断能力が不十分になったら、支援してくれる人が居てくれたら・・・そんな場合に支援してくれる人と、将来の支援の約束・内容を決める自身と支援者の間で任意に契約を行う制度になります。

裁判書の審判で法定後見が決まるものに対し、任意後見はあくまで契約で、契約当事者に本人と後見候補者がなり、公正証書によって契約が交わされます。

費用に関しては、11,000円+その他の登記手数料(公証人役場確認)がおおよそ掛かります。

■手続きに関して

●申立人

・任意後見受任者、本人、配偶者、4親等内の親族

●必要な書類

・申立書

・申立書付票

・任意後見契約公正証書

・申立人の戸籍謄本

・本人の戸籍謄本

・本人の戸籍の附票

・本人の登記事項証明書

・本人の診断書

・任意後見監督人候補者の戸籍謄本

・任意後見監督人候補者の住民票

・任意後見監督人候補者の身分証明書

・任意後見監督人候補者の登記されてないことの証明書

■申立先

・本人の住所地の家庭裁判所

■費用

・収入印紙800円、収入印紙1,400円、切手3,000円から5,000円程度

・鑑定費用5万円~10万円(診断書で鑑定の必要がある場合)

すでに、認知症など法律判断力が不十分な人には法定後見制度を適応させます。

法定後見(ほうていこうけん)
法定後見とは、本人が精神障害・認知症などにより判断能力が不十分となった際に、家庭裁判所へ親族が後見人等の選任を申立て、後見人等を家庭裁判所が...

遺産分割に強い弁護士相談
【お急ぎの方】電話・メールで遺産分割の相談出来る弁護士はこちら
※弁護士によって、相談料が無料・有料と異なりますので、ご相談前にご確認をお...
成年後見のよくあるトラブル事例と解決案
ここでは、後見人制度のトラブル事例・解決案など紹介しております。
後々のトラブルにならない様下部、目次より様々なパターンを参考頂ければと思...
同性パートナーシップ制度が拡大中!同性愛者が抱える相続問題の現解決策とは?

LGBTは、近年社会的に注目されており、東京都の渋谷区・世田谷区に続き、2/16に三重県伊賀市も「同性パートナーシップ制度」導入すること...

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士

遺産相続に強い弁護士相談

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士