遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 2239

遺産相続に強い弁護士 157

みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)のアイキャッチ

みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)

327 Views
2016年10月06日 公開
みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)のアイキャッチ

「みなし相続財産」とは、相続税の手続きにおいては亡くなった方の財産ではないにも関わらず相続財産として相続税の課税対象となる財産のことを指します。

死亡を原因として相続人に支払われる生命保険金や損害保険金などは、亡くなった方が生前から持っていた財産ではありませんので、民法上は相続財産として「遺産分割協議」の対象にはなりません。

しかし、被相続人が保険料を負担していた契約については、相続税の計算をするときは、相続財産とみなされて相続財産に含めなければなりません。

死亡を原因として支払われる退職手当金も同様に「みなし相続財産」となります。

みなし相続財産には、死亡保険金・死亡退職金等・生命保険契約に関する権利・その他の一定の利益の享受等があります。

なお、みなし相続財産とされる死亡保険金、死亡退職金については、相続人の生活保障等を考慮して、一定の金額については相続税がかかりません。

生命保険を活用した相続税対策。みなし相続財産とは?
生命保険は相続税申告が必要なのか?
相続税を申告する際の相続財産には「本来の財産」と「みなし相続財産」があります。
故人が亡くなった...
住宅購入資金・結婚式費用など生前贈与は相続財産に含まれるのか?

遺産分割協議を行う中で、一部の相続人が、故人から、生前、もしくは遺贈によって現金や不動産等の贈与を受けていた場合、その生前贈与が争点にな...

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士

遺産相続に強い弁護士相談

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士