遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 2239

遺産相続に強い弁護士 157

遺留分減殺請求(いりゅうぶんげんさいせいきゅう)のアイキャッチ

遺留分減殺請求(いりゅうぶんげんさいせいきゅう)

1271 Views
2016年10月06日 公開
遺留分減殺請求(いりゅうぶんげんさいせいきゅう)のアイキャッチ

遺留分減殺請求とは

遺留分減殺請求とは「遺留分請求」とも呼びます。

遺留分減殺請求とは、遺言書で特定の相続人に有利になるような内容の分割指示をされていた場合でも、不利になる、相続人の相続権を保証をある程度してくれる「遺留分」というものが、法律で定められております。

仮に夫が死亡してしまい、その夫が「甥にその全ての財産を相続させる」というような内容を遺言書に書いてあったとしても、妻は法律にのっとり定められた遺留分の分を請求が可能です。そして、遺言によって甥に与えられた財産の中から、妻の遺留分相当額を取り戻すことが可能です。

遺留分は、亡くなった方から見て兄弟姉妹にあたる人以外の法定相続人すべてに認められています。

しかし、遺留分をもらうためには、相続の開始を知ってから1年以内に遺留分減殺請求を行わなければなりません。

何もせずにそのままにしておくと、時効がきてしまい請求権が失われてしまいます。

遺留分減殺請求をしないということは、その権利を行使しなくてもいいということと判断され、遺産はすべて遺言書の内容にのっとって配分されてしまいます。

放っておいても遺留分が勝手に手元に来るというような制度ではありませんので注意しておきましょう。

遺言事項とは?⇒

遺言とは?⇒

法定相続人とは?⇒

遺留分に強い弁護士を探す⇒

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。

この記事を見た人が見ている記事

遺留分:相続人なのに相続財産がもらえない?の画像

遺留分:相続人なのに相続財産がもらえない?

2016年10月06日 17382 views

編集部

親の扶養義務や生前の資金援助など、遺産分割で揉めてしまいそうな場合の対処法の画像

2016年10月06日 2436 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

遺産分割でもめた場合、家庭裁判所などを利用して解決するには?の画像

2016年12月02日 845 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

親の相続の際に遺留分を侵害されているケースの対処法の画像

2016年12月08日 585 views

塩澤 彰也 (弁護士)塩澤法律事務所

被相続人の前の婚姻時代の子供や婚外子が相続にかかわってくる場合の対処法の画像

2016年12月10日 401 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士

遺産相続に強い弁護士相談

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士