遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 4293

遺産相続に強い弁護士 170

土日開催のよろず相談会で、積極的に法律相談を実施している、四谷の水野智之弁護士にインタビュー。のアイキャッチ

土日開催のよろず相談会で、積極的に法律相談を実施している、四谷の水野智之弁護士にインタビュー。

56 Views
2018年04月09日 公開
土日開催のよろず相談会で、積極的に法律相談を実施している、四谷の水野智之弁護士にインタビュー。のアイキャッチ

お客さんが悩んでいることや、抱えている問題をよろず相談会を通じて、一早く解決に取り組む弁護士がいます。

今回は、遠藤治法律事務所の水野智之弁護士にインタビューさせて頂きました。
水野先生は、土日に開催するよろず相談会で、一都三県を中心に法律問題に関わる相談をうける活動をしており、他士業の専門家、不動産の専門家と一緒に様々な問題解決に尽力しています。

相続問題だけではなく、法律に関わる相談を通して、今あるお客さんの悩みを解消しています。

各地を回り、枠を広げた弁護士活動に従事する水野先生の人柄を中心に、相続問題や今多い離婚問題ついてお話をお伺いしました。

遠藤治法律事務所 水野智之 弁護士
遠藤治法律事務所 水野智之 弁護士

 

■遠藤治法律事務所に関して

---遠藤治法律事務所の特色、強みを教えてください。

交通事故案件が比較的多いことです。
遠藤が扱うものは、遺産分割や相続が多いです。

---同期の先生と一緒に設立したのですか?

私はここにきて5年を経過しましたが、その2年前の設立になります。
7年前に設立されました。
また四谷という場所も多方面からのアクセスがよいので、ここに法律事務所を構えることになりました。

---こちらの事務所は設立してどれぐらいですか?

私が5年くらいいると思うので、その2年くらい前の設立だと思います。
7、8年でしょうか。
また四谷という場所も多方面からのアクセスがいいので、ここに法律事務所を構えることになりました。

遠藤治法律事務所 水野智之 弁護士

 

■水野智之弁護士について

---弁護士を目指した理由、きっかけを教えてください。

なかなか普通の社会人ではやれない仕事ということ、あとは自分の裁量でいろいろとやれることが弁護士になろうと思った理由です。
自分の裁量でやるということはやりがいも責任も増えますから仕事に対する充実感があるだろうと。
大学は法学部だったので、周りに目指す人が多かったことも少しあります。

---水野先生がお仕事で一番大切にしていること、気をつけていることは何ですか?

基本的には、依頼者の考えになるべく沿うようにしています。
また法律の言葉は難しいので、分かりやすく丁寧に説明するようにしています。

---先生の趣味、休日の過ごし方について教えてください。

映画を見たり、本を読んだりという感じです。
映画は邦画が多いですが、洋画も好きです。
妻が映画が好きなので、よく妻と映画館に行って見にいきます。

本は小説が好きで、時間が空いたら読んでいます。

遠藤治法律事務所 水野智之 弁護士

 

■お仕事に関して

---現在、水野先生が受けてらっしゃる事件の構成比率、内容はどのような相談が多いですか?

法人と個人では個人が多いです。
内容では交通事故が一番多く、次が離婚、あとは相続、債務整理系や一般民事です。

---離婚に関してはどのような相談が多いですか?

離婚したい、不貞の慰謝料を請求したいという相談が多い印象です。
カウンセラーの方と知り合いで紹介を受けており、そこから来るのは不貞の案件です。

---離婚問題では非紛争のところから相談を受けるケースがあるかと思いますが、カウンセラーが受けて先生に来るというケースの違いは何かありますか?

問題が明確になっており、対処の仕方や方向性が分かりやすいことですね。
カウンセラーさんからのご紹介の場合だと、解決がスムーズで早い傾向があります。

---水野先生が取り組まれている、土日開催のよろず相談会の活動や経緯についてお教えてください。

よろず相談会は、土日のどちらかで月に3、4回やっています。

その相談会の当初から参加しており、基本的に弁護士は私だけで、毎回私は参加しています。
もう4年くらいはやっていますね。
その相談会は、23区は比較的少ないですが、多摩地域、埼玉、千葉、神奈川の各地の大きな都市でやっています。

---よろず相談会はどのような内容になりますか?

主に、法律だけではなく、税理士の相談、登記の相談、不動産をどうしたいといったものを全般的に受けています。

他士業の方たちと相談会を開催しておりますので、様々なお悩みに対応できます。
1枠1時間で,1日4枠で実施しており、基本的に4時間です。
弁護士と税理士と、いないときもありますが司法書士などでお受けしています。

---中でも、どのような相談が多いですか?

相続関係が多い気がします。
税理士もいるので税金の話もありますし、法律問題、不動産登記の話もあります。

やはり相続の問題については、何をどうすればいいのかというお悩みが多く、税金や不動産など関わってきますので、ご相談にいらっしゃる方は多いです。

---相談会を開いて、お客さんの生の相談を聞くことはメリットが大きいと思いますが、相談に来る方は多いですか?

わりと多いです。
エリアごとに宣伝を出す広告の部数によっても違いますが、多いところでは全部の枠が埋まっています。
相続問題をどうしたらいいかという需要は多い気がします。
またご相談にいらっしゃって、後日解決ができそうであれば、ご依頼いただくこともあります。

遠藤治法律事務所 水野智之 弁護士

 

---よろず相談会に水野先生が参加する経緯、相談会にを継続して参加しているうえでのやりがいは何ですか?

もともと仲の良かった不動産屋が発案し、開拓していきました。

よろず相談会が打ち出しているのはボランティア精神なので、依頼はしていただかなくても構いません。
実際、依頼はそれほど多くありませんが、相談会の中で解決することは多いです。

やりがいとしては、帰り際に「来てよかった」と言われるので、それはうれしいですし、やっていて良かったなと思う瞬間です。
皆さん、弁護士は敷居が高いと言われるのですが、広告を見てこられて、そのような相談会があるなら行ってみようと気付いてもらえているのだろうと思います。

一応、ホームページもあり、そこから来られることもありますが、多くはチラシなどの広告を見て来られますね。

---水野先生がこれまでうけてきた事件で印象に残っている案件や、相続、離婚問題に関するご見解を教えてください。

離婚した後に自宅に荷物が残ったままのケースが結構あります。

こちらが荷物を出さなければならないパターンと、相手に荷物を持っていってもらわなければならないパターンの両方とも立ち合って経験したことがあります。
当日、行ってみると全然準備ができておらず、手伝うこともあります。
相手が荷物を出すときには、余計なものまで持ち出さないよう、ちゃんと見ておく必要もあります。
現場に行って、そこで、こちらが荷物を全部出さなければいけないというケースや、向こうが荷物を全部取りにくるのを待つというケースにも携わりました。

弁護士によってはやらないと思いますが、私はそういう細かいところの最後の最後までお手伝いさせて頂いております。

また、私は離婚の中でも財産分与の事件を比較的多く扱っているのですが、財産が多いと後から調べるのは大変なので、お互いの財産の把握を同居中にしておくのが一番重要です。
相続では、人数が多くなることが多いので、相続人間の調整を図ることが大切になってきます。

例えば2、3人からこちらが依頼を受けて、相手方が1人というパターンでは、依頼者が歩調を合わせてもらわないと後でもめることもあります。
そのあたりの意思の疎通はきちんとしておかないと、あとで利害が対立する可能性はゼロではありません。

---今後先生が伸ばしていきたい分野、これからの動向はどうなっていくとお考えですか?

家族信託などの信託関係です。
相談会でもたまにあります。
相続問題は高齢者が増えるので、興味があります。
交通事故は減ってきていますが、弁護士特約が普及してきているので、弁護士に依頼する人は増えている感触があります。

遠藤治法律事務所 水野智之 弁護士

 

■最後に

---これまでの弁護士業11年を振り返って見ていかがでしょうか?

自分の中では満足のいく結果が出せていると思います。

自分が思っていたよりも結果がよかったというものも、結構ありました。
依頼者には厳しく言っていましたが、結果がよかったので、お互いによかったです。
見通しは厳しめに言うようにしています。

---どのような部分を見通して、厳しく言うのですか?

例えば金額は、先ほどの不貞などであれば、ある程度相場が決まっています。

皆さん、そのあたりの知識は持っていますが、細かいところは分かりません。
どこまでできるかというところで、ある程度の話はしますが、それよりもよかったことがわりとあります。
判決にするか和解にするかというときにも、見通しが大切です。
そのときに、どのくらいになるのか、裁判官の話にもよりますが、自分の過去の経験を踏まえてあまり楽観的なことは言わないようにしています。

---今後の水野先生のビジョンや方向性を教えてください。

基本的には、それほど今までと変わることはないと思います。
家族信託といった新しいものを取り入れながら、今までの経験も踏まえながら進んでいければと思います。

---最後に記事を見てくれた方、相談に来られる方に一言メッセージをお願いいたします。

敷居が高く、こんなことを相談してもいいのかなということがあるので、とりあえずは相談に来ていただければ、何が問題になっているかという交通整理だけでもさせていただきます。

その上で、法律相談は30分までは無料ですので、まずはご相談に来てもらい、見通しがどうなるといったところも聞いていただければと思います。

36937の画像

水野 智之 (東京弁護士会所属 / 遠藤治法律事務所)

法律相談にいらっしゃることは勇気がいるかもしれませんが、相談にいらっしゃることによって、問題解決の第一歩に繋がります。 まずはお気軽にご相談に来ていただき、お悩みや問題をお聞かせください。

ホームページはこちら

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士

遺産相続に強い弁護士相談

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士