遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 1982

遺産相続に強い弁護士 151

赤坂で多くの企業法務を多く取り扱っている弁護士先生にインタビューのアイキャッチ

赤坂で多くの企業法務を多く取り扱っている弁護士先生にインタビュー

388 Views
2017年02月12日 公開
赤坂で多くの企業法務を多く取り扱っている弁護士先生にインタビューのアイキャッチ

この頃は相続相談ガイドのインタビューも企業法務を多く取り扱っている弁護士先生にもお会いできるようなってきました。
その中でも赤坂で人数は少数なのに非常に多くの企業法務の顧客を持っていると、弁護士業界でも結構知っている人も多い事務所の黒澤 真志(くろさわ まさし)弁護士先生にインタビュー
アクト法律事務所 黒澤真志弁護士
アクト法律事務所 黒澤真志弁護士

地元に弁護士が居なく、弁護士の存在を知って弁護士を目指し、地元の相談なども多く受け付けているようです。
どういった思いで弁護士先生になったのでしょうか?
その、経緯などを細かくインタビューさせてもらいました。

アクト法律事務所に関して

アクト法律事務所 黒澤真志弁護士

---名前の由来を教えてください

うちの所長の岩井弁護士と安田弁護士が共同事務所を構えていたのですが、平澤弁護士が新たにパートナーに昇格するにあたって、「アクト法律事務所」に変えたと聞いております。

事務所名の「アクト」の名前ですが、「Act」は実は法令・条例という意味があり、
また「active」・「action」など自発的・積極的な「行動」という思いを込めておりまして、常に依頼者志向で充実した法律サービスをよりスピード感を持ち、依頼者に親切に提供したいという理念をかかげ「アクト法律事務所」の名称にしたと聞いております。

—先生の弁護士歴は?

弁護士歴は8年目です。
司法修習終わってから現在までずっと同じ事務所です。

アクト法律事務所 黒澤真志弁護士

---アクト法律事務所での構成人数など教えてください

弁護士5名、事務職員4名、社会保険労務士1名です。

---社会保険労務士が入っている理由は?

まあ企業法務を多く扱う中で労働事件も多々あり、連携が取りやすいという事で社会保険労務士が在籍しております。

---労働事件というと予防法務の中心でしょうか?それとも解雇であったり残業代未払いなど?企業側か一般ユーザー側か?どちらでしょうか?

両方の依頼が有りますが、社会保険労務士の先生は就業規則の作成や労働関連の相談等の予防です。
顧問先の企業からは労務に関して予防的に相談を受けるのでトラブルが少ないですが、新規で来られる方々はトラブルになってからの解決ということになります。

黒澤 真志(くろさわ・まさし)先生に関して

アクト法律事務所 黒澤真志弁護士

---なぜ?弁護士を目指そうと思ったのでしょうか?

きっかけは単純なんですが、地元に弁護士が身近にいなかったからです。。
私は、東京の西にある西多摩郡瑞穂町という人口約3万人ほどの小さな町で生まれ育ちました。
現在でも、電車も30分に1本程度しかなく、畑が広がるような田舎町です。

私は大人になるまで見たことも会ったこともありませんでしたが、地元では法的問題がないわけではありません。

洪水防止のために、町に流れている河川の幅を広げる工事が行われることになり、友人の家が立ち退きとなってしまいました。
その河川は一度も溢れたことはないのですが、その状況を見て工事を行う必要があったのかと疑問に思ってたりもしました。
※広げられた河川は、その後、水量が低下し干上がってしまい、水がほとんど流れなくなってしまったという結果に・・・・

また、私の父も、労働問題などで悩んでいる一人でした。
早朝5時に会社に出社し、夜10時頃まで仕事をして帰ってくるといった生活を繰り返し、とても疲弊していた時期があり、子供ながらになんとかならないのかと思っていましたが、身近に相談できる人もいませんでした。
※当然、残業代は支払われていませんでした。

そんな地元の環境でしたが、早稲田大学法学部に進学したことを期として、「誰も周りにいないなら、自身が弁護士を目指そう」と決意しました。

そして、紆余曲折を経ながら、無事、弁護士となることができました。
今後は、日々、知識及び技術の研鑽に努めることはさることながら、当初の志どおり、敷居が低く、いつでも気軽に相談できるような「身近な」弁護士を日々切磋琢磨し目指しております。

そんな「身近」な弁護士でありたいという意味を込めて、キャッチフレーズとして、「CLOSE TO ONE」(日本語で「身近」という意味)を掲げているのですが、「クローストゥワン」「クロサワ」「クローストゥワン」「クロサワ」・・・とう形で偶然にも音が似ているんですよね(笑)

---ずっと生まれも育ちも西多摩郡ですか?

そうですね、基本的には。3歳頃までは東京の三鷹市に住んでたんですけど、ほとんど瑞穂町です。今でも実家はそこにあります。

---お父様の事について

通勤時間が1時間くらいなんですけど、早朝5時に家出てって、夜遅く帰って来てすぐ寝るみたいな。
そういう時期は結構続いており、もう会社を辞めるかどうかっていう選択も迫られていたような感じではありましたね。
果物の市場で働いていて、土日でも仕事に行ってました。

---瑞穂町の地元の方々からの相談はありますか?

結構相談はあります。
それこそ中学や高校の同級生とか。気軽に相談される場合もあるし、簡単な話もあるし重い相談もあるし。

私の中学の同級生なんかは他に弁護士の知り合いは居ないと思うので、そういう意味では少しは役に立てているんじゃないかなと思うこともあります。

---弁護士になるまでに苦労したことは?

法科大学院に行く前に旧制度の司法試験を受験したんですけど、これに合格できなかったら法科大学院に行かなくてはならず、回り道になってしまうというプレッシャーを受けたせいか、短答式試験は合格できたものの、その後の論文試験の1か月前に体調を崩して1か月寝込んで、ほとんど勉強せずに論文試験に挑まざるを得ませんでした。

結果的に、惜しくも不合格となってしまったのですが、法科大学院に入学する前に頑張っていた分、入学してからはのびのび勉強することが出来て、より広い視野から法律を学ぶことができたのは、現在の弁護士生活に非常に役に立っているので良かったです。

もしあの時合格していたら、法律の表面的な部分しか理解できておらず、弁護士になってからとても苦労したのではないかと思います。ちなみに、当時は、夏も長袖を着ないと寒いってくらい体調崩してしまっていました。多分自律神経がおかしかったのかもしません。(苦笑)

 

自身の中で大切にしている事や特に気を付けている事

最近では結果を重視しています。この事案において、一番良い結果は何であろうか、それを出すためには何をすべきだろうかを常に考えていますし、また終了した事件でも、もう少し良い解決がなかったかどうかを検証するようにはしています。
また、単に法律の相談に応じるだけではなく、クライアントの方々の心に寄り添うことも重視しています。

当たり前のことですが、1人1人と誠実に向き合い、1つ1つの事案を大切にして解決したいと考えております。例えば、相続事件等では、当事者間の感情の対立が激しくなり、苛立たされたり、狼狽させられたりする機会が多くなりがちですが、その際に、しっかりと弁護士として心に寄り添い、しっかりと話を聞き、心のケアも出来ればと思います。

---プライベートの方では大切にしている事はありますか?

とりあえず、フットワークはかなり軽い方ではないかと思っています。何かに呼ばれれば行く。疲れてるなと思っていても、予定が空いていれば行きます。

サッカーとかもそうなんですけど、予約してくれたり調整してくれたりする人が居る中で、自分が疲れてるから行かないってんじゃなくて、行こうかなってのと、それ以外のいろんなイベントとか飲み会でも、せっかく企画して開催して呼んでくださったのでことなので、ちょっと顔出そうかなって事で、そういうのはいつも行くようにはしてます。

家にはあまり居ないですね、確かに。せっかくだから、どんな時にも学びを得ようかなとは意識しています。

これは日頃お世話になっている会社経営者の金森さんという方の教えでもあるんですけど、
例えば、観劇とか全く興味を抱いたことの無いものにも、何が面白いのかということをその場で見出そうとか。

既に知っていることの中でも、何か一つでも企画とか運営とかのやり方で良い点があったら自分の物にしようと思って、ノートにメモはしてます。
どちらが自分の人生にとってよいかと言えば、こっちだと思うんですよね。興味を持たないと、単に時間を無駄にするだけなので。

---どういう事をメモしているんですか?

アクト法律事務所 黒澤真志弁護士

そのとき考えた事で、重要そうな事を箇条書きでメモする感じです。
頻度としては、少なくとも一ヶ月に一回は見直すようにはしています。
よくカフェに行って意識的に物事を整理する時間を作ってるんですけど、その時とかです。

---どのくらい前からされてるんですか?

まあここ1、2年くらいかも知れないです。2年経ってないかな?
読み返すと、心境の変化も大分変わったなってのはあります。

 

趣味や休日になされている事

趣味は、スポーツ全般で、サッカーやフットサルを中心に、ランニング、ロードバイク、ダイビング、スキー・スノーボード等をやっています。

また、海外のサッカー観戦も好きで、イングランドのアーセナルというチームの試合は毎週観ています。
その他には、カフェで読書することも多いです。時々、漫画喫茶にも籠もります。

---多趣味なのでもうちょっとするとトライアスロンいけるんじゃないですか?

水泳が苦手なのでちょっとあれなんですけど・・・やってみたいとは思いますね。
この前1歳年下の知り合いの社長がトライアスロンの中でも過酷なアイアンマン制覇して、自分も挑戦したいなと思いました(笑)

ランニングは週に一回は走ってますけど、サッカー・フットサルが中心です。
サッカー・フットサルやってるのも弁護士が何人かいたりするので、近況を報告し合ったり。
交通事故専門でやってたりする人もいるので、そこで気軽にちょっと相談したり。
そういう交流の仕方はあります。

ランニングは、家から皇居に走っていって一周して戻ってくるみたいな感じなので、大体10キロ弱くらい走ってます。
ランニングは、スポーツの中で一番嫌いだったんですけど、やんなくちゃいけないなっていうか。
やると仕事のパフォーマンスが上がるというか、やる気が出てくる感じがあるので。
仕事の為にやってるって感じです。あんまり好きじゃないけど(笑)
ひたすら辛いのに耐えると、仕事の方でも辛くても耐えられるというか。ランニングはそのためにやっています。

---海外のサッカーがお好きだという事ですが、行ったりもされるんですか?

行きたいんですけどなかなか休みが取れない事もあって(苦笑)。2、3年内には絶対行きたいと思います!

---好きになったきっかけは?

たまたま深夜、家に帰ってテレビをつけたら海外のサッカーの試合をやっていて、すごい選手が居たからっです。
それまでサッカーは日本代表しか見たことなく、全然興味無かったんですけど、レベルが違うというか、人間の身体能力の限界を余裕で超えていて、
それを観たら日本のやつと全然レベルが違うじゃんって。(笑)

スポーツバーに1人で行くときもあります。周りに海外サッカー好きな友人があまり居ないんですよね、サッカーやってても(涙。
日本代表とかはみんなで観たりするんですけどね。

アクト法律事務所 黒澤真志弁護士

---アクト法律事務所に勤めようと思ったきっかけ

実は、私の大学院時代の友人で、現在は当事務所で社会保険労務士をしている岩井信也さんの父親がアクト法律事務所の所長であったことから、紹介で入所させてもらいました。

私は、まずは弁護士としての全体的なスキルを上げるべく、出来るだけ多くの分野の案件に関わりたいと考えていたいたので、当事務所のように、あらゆる分野の数多く案件を取り扱っている事務所に関われることは、自分の望みでもありました。

入所するまで知らなかったのですが、当事務所の所長は、過去に東京弁護士会の会長や日本弁護士連合会の副会長を務めた経歴を有しており、弁護士会の中でも信頼されているので、今となってはとても幸運だったと思っております。

---事案の構成比率はどんなものでしょうか?

交渉ないし訴訟事件については、年によって大幅に変わるのですが、去年の実績は概ね個人対法人は6対4の割合です。
顧問は法人が9割以上です。
民事事件と刑事事件の割合は、9対1です。
個人の事件の6割は離婚か親族・相続に関する事件です。

---刑事事件も意外にあるんですね

あ、でも、一割もないかも知れません(汗。
年に数件あれば多いくらいですから、そんなにないですね。

弁護士になって良かったと感じる点

自分にしか思いつかないようなアイデアで解決が出来たときです。

うちの事務所では、他の事務所の弁護士と揉めて事件の途中で相談に来られる方も多いところ、そういう事件は大抵、不利な状況なのですが、その場合であっても、新たな主張を考え出して、良い結果を残せたときはやりがいを感じます。
また、和解が行き詰まって交渉決裂となりそうな段階で、判決となると不利な結果が予想される中で、新たな解決案を考えだして、上手くまとめ上げることが出来た場合には、本当に良かったと思います。

---悔しかった事はどんなことですか?

入りたての頃は、今は独立してしまった兄弁がいて、自分が書いた文章をほぼ全部直されたりして・・・・(苦笑)
でもそれを経た結果、文章力が格段に上がって成長したってのはあります。

その独立した兄弁は、これまで出会った弁護士と比べても、トップクラスに上手いと断言できるくらい文章が上手かったので、悔しいけど直された通りみたいな感じで、ぐうの音もでませんでしたね。

そのお陰でかなり文章力が変わりましたね。お手本として必死で真似してったんで。
お客様に時々「すごい文章上手いですね」って言ってもらえる事があるので。
そういう意味ではその悔しかった思いが活かされています。

最後に

---事務所に入所し8年に突入し、振り返って見ていかがでしょうか?

これまで、少なく見積もっても700件以上の案件を取り扱ってきたので、あらゆる案件に対応できる力が付きました。
正直、かなり困難な事件も多々ありましたが、最後まで諦めなかった結果、より良い解決ができたと思います。
自分の強みも浮き彫りにすることが出来たと思います。

---最後と言いましたが・・・・700件以上の案件というのは相談も含めてなんですか?

相談含めたら多分もっといっぱいあると思います。顧問対応とかも含めてという感じです。

---その中で多い事案はどんな事案が多かったのでしょうか?

正直、ありとあらゆる案件がバランス良くありましたね。
やや専門的な会社の民事再生事件にも関わりましたし、海外に契約交渉に行ったこともあります。
最近では、医療訴訟も始まりそうです。
様々な種類の事件に関わったので、どのような案件でも対応できる力は身についたと思います。

---相談に来られる方に依頼者の方にメッセージをお願いいたします。
アクト法律事務所 黒澤真志弁護士

真の解決・真の顧客満足を目指します。
これまでに培った弁護士スキルを活かして、クライアントの皆様にとって最も良い解決を実現します。それだけではなく、クライアントの皆様の心のケアにも配慮しながら、結果と併せて精神的な満足をも実現したいと思います。日本で一番相談しやすい弁護士を目指しておりますので、皆様もお気軽にご相談いただければと思います!

41044の画像

黒澤 真志 (東京弁護士会所属 / アクト法律事務所)

全てのご依頼いただいたクライアントの皆様の為に、ご満足いただける法律のサービスを確実・迅速に提供できるよう日々研鑽に努めたいと考えております。 私が初めて法律を学んだ頃の気持ちを忘れずに、複雑な法律・法律用語を誰にでも解りやすく、丁寧にをモットーとしております。

ホームページはこちら

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士

遺産相続に強い弁護士相談

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士