遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 2239

遺産相続に強い弁護士 162

高齢者にやさしい法律サービスを提供する、文京区本郷の弁護士にインタビュー。のアイキャッチ

高齢者にやさしい法律サービスを提供する、文京区本郷の弁護士にインタビュー。

140 Views
2017年10月06日 公開
高齢者にやさしい法律サービスを提供する、文京区本郷の弁護士にインタビュー。のアイキャッチ

この文京区本郷という場所は、多くの著名な文人が居をかまえたとされ、東京屈指の文教地区と言われています。
近くには東京ドームもあり、本郷の壱岐坂通りに、富士見坂法律事務所はあります。

富士見坂法律事務所 井上義之弁護士

富士見坂法律事務所は、地下鉄丸の内線「本郷三丁目」駅から徒歩5分です。

富士見坂法律事務所 井上義之弁護士

今回は、富士見坂法律事務所の井上義之弁護士にお話をお伺いしました。

井上先生が今取り組む高齢者への方々に対する法律サービスに関して、また世界60ヵ国を旅行した経験をもつ、先生の人柄や弁護士としての仕事スタイルを中心にインタビュー。

 

■富士見坂法律事務所に関して

---富士見坂法律事務所の特色、強みを教えてください。

当事務所では、依頼者のご要望や関連するご事情を十分にお聞きした上で、柔軟な解決策をご提案することを心がけております。
「〇〇〇をしてほしい。」と具体的に手段を特定した上でその実行を弁護士に依頼するつもりで相談に来られる方もいらっしゃいますが、よくよくお話を伺うと、依頼者の言われる手段が必ずしも事案の真の解決につながらないものであったり、よりよい解決手段があったりもします。

また、権利関係的には相談者に不利な事案でも、お話をお聞きする中で解決の道筋が見えてくることもあります。

たとえば、依頼者が所有地の明渡しを望んでいるが、その土地には借地権登記が経由されていて占有者が明渡しに応じないという事案では、代替地と交換することを占有者と合意し、依頼者の希望が実現できました。
このように、事案に応じた柔軟な対応が当事務所の特色、強みと言えます。

富士見坂法律事務所 井上義之弁護士

富士見坂法律事務所 井上義之弁護士

---現在の事案の構成比率、どういう事件が多いですか?

相続、不動産問題、企業法務関係が中心です。
基本的には中小企業が多くて、うちの顧問先としてIT関係、病院関係、自動車工場とかもあるんですけども、不動産関係が多いんです。

不動産の開発や取引を行う、いわゆるデベロッパーとか、そういうものが多い関係で自然と不動産の比重が高まっているというところはあります。

ただ、不動産と一言で言っても、借地関係の賃貸関係が多いですかね。
それと、建物のための土地を手に入れて、そこに建物を建てて、結局その取引に関係する契約関係、契約交渉、そういうものが比較的多いです。

富士見坂法律事務所 井上義之弁護士

---例えば顧問で担当しているケースは、介護施設等が多いのですか?

そうですね。介護施設という性質上、高齢者の方が多いので、高齢ゆえの終活に絡んだ関係とか、自分の後の自分の財産・遺産についての遺言の作成とかもありますし、その関係でライフプランノートみたいなものを独自に作っています。

それをお渡しして「こういうのも作成されたらどうですか?」とご提案したりして、そういう意味ではホームドクターのような、かかりつけ医じゃないですけども、距離を近くしています。
いわゆる一般的に顧問って会社だけが持つと思うんですけども、私の所では結構そういう個人の顧問みたいなところもかなり格安な料金でやっていまして、そういう意味で、密接に関わって、細かくその人の特性に合わせたアドバイスをしてあげられるような、そういうところを心掛けています。

相続分野では、遺産分割協議が長年行われないまま、数次の相続が発生し、権利関係が複雑化した事案なども数多く扱っております。相続人の国籍が複数国にまたがっていた案件、相続財産についていわゆる「空き家問題」が生じていた案件などについて当事務所で解決した実績もございます。

 

■井上義之弁護士について

---弁護士を目指した理由、きっかけを教えてください。

学生時代は、職業としての「弁護士」という選択肢は全くありませんでした。まだ若いということもあって将来についてあまり深く考えず、そのとき興味のあった工学部に進学することにしました。明確な結論を得られる学問に魅力を感じたからです。

富士見坂法律事務所 井上義之弁護士

しかし、これまでに60ヶ国以上を旅行で訪ねてきたなかで、幾度となく“ルール(法)こそ 国家の基盤なり”といった感慨を抱きました。
それは法整備が脆弱な発展途上国 を旅するときに、より強くこみ上げてくる思いでした。生活のために人間が獲得 を望むものは多種多様ですが、その全て の前提となっているのが法ではないかと。

物質的に恵まれずとも人間らしい生活はできますが、法による統治がなければそれは叶いません。
正直なところ、それまで法律というのは堅苦しく、自由を拘束するものだと思っていました。

しかし 実際は、自由をもたらせるために法律が 存在するのではないかと考えるようになりました。
さらに言えば、「正解」が1つである自然科学とは異なり、状況、時代によって導き出される正解が変動することの面白さを法律に見出したのです。

---弁護士をやっていての苦労話は何ですか?

いろいいろとありますが、裁判官の交代や、依頼者の心変わりなどによって、方針変更を余儀なくされることなどがあります。
まぁ裁判官の交代はどうしようもないのですが、依頼者に関しては、なるべく、心変わりされることが無いように初期の段階で、かなり時間を割いて方針・メリット・デメリット・問題となりうる点などの説明を行うように心がけております。

---井上先生の趣味、旅行の魅力とは?

旅が趣味で、発展途上国などを中心にこれまで60か国以上を訪問しました。
旅の魅力は、人間の生活・本質を見直せることが最も大きいです。

自分が知らず知らずのうちに当然・常識だと思い込んでいたことが実は、全く通用しない世界が世の中に沢山あって、思いがけない経験をすることで、大きな視野で物事が見れて、より人間同士の紛争に関して、より本質から考えられるようになるような気がします。

結局、人間って、他の人が考えていること頭の中にあることは明確には分からないし、例えば同じ「水」「ホテル」という言葉でもその意味するものは、時と場合によって大きく異なりますし、その違いに気が付かないまま話が進んでいくことも良くあります。

ある意味、同じもしくは近い感覚の者に囲まれて普段生活を送っていると、この、人それぞれ考え(もっというと考えの根底、ベースとなる感覚)が違うんだ、ということに気が付きにくいものです。
そういう意味で、文化・習慣の異なる国で、その国の人と仲良くなって、家に泊めてもらったりするような、人と触れ合える旅が好きで、45歳になった今でも、ほぼ毎年、妻子を置いて一人旅を続けています。

富士見坂法律事務所 井上義之弁護士

 

■お仕事に関して

---先生がお仕事で一番大切にしていること、気をつけていることは何ですか?

依頼の内容にもよりますが、できるだけ総合的・長期的にみて依頼者の利益になるように心がけています。
逆に言うと、短期的・感情的な依頼者の希望については、少し落ち着いて考えてもらうようにアドバイスすることも少なくありません。

具体的には、法律的結論を見据えて依頼者の立場・利益を考慮しつつ、一方で譲歩を加味することで、早期な解決を得ることが最も依頼者の総合的・長期的な利益になることが多いように思います。
もちろん、譲るべきでない場合には、当然、時間をかけてでもしっかり最後まで戦ってしかるべき結果を取得することになります。

---他の弁護士先生に負けないところは何ですか?

理想としている弁護士像は、法律におけるホームドクター(かかりつけ医師)です。

ホームドクターが患者の特性を熟知した上で、その患者のために総合的な立場から健康面のアドバイスをするように、依頼者(会社)の状況・特性を正確に把握したうえで、一般論ではなく、その依頼者にとって最良の法的アドバイスが出来る、これにより依頼者(会社)の法的トラブルを事前に防止し、起こってしまったトラブルを迅速に解決できる弁護士でありたいと考えております。

富士見坂法律事務所 井上義之弁護士

---高齢者からのご相談、終活についての先生の活動やご見解を教えてください。

ご高齢の方が日々安心して暮らし、人生の締めくくりを迎えられるよう、高齢者のサポートに力を入れております。具体的には、任意後見契約・後見申立等の財産管理のための手続支援、遺言書作成支援などです。

また、希望者には、人生の締めくくりに向けて整理しておくべきことをまとめたノートをお渡ししています。

---そのノートをお勧めしている理由、メリットは何ですか?

やはり元気なうちに整理をしていく、本当にそのノートっていうのは見てもらったら分かるんですけども、法律面だけではなくて、自分の思い出、ゆかりの人、そういうことも整理していくものなんです。

自分の自伝ではないですけども、今までの一生を振り返って、そういう意味では、思い出も家族も友人も全て含めて整理するといった、自分の歩いてきた軌跡とかをもう一回認識して、そこでしっかり書類をまとめておくことで本当に本人にとってもいい思い出になりますし、何なら写真も入れてもらったりもしているんです。

それと、誰しもがお子さんと密接に交流を図っていなくて、結構、離れ離れになって、もう子どもとは何十年も一緒に暮らしていないとか、年に1回とか2回は会っていても、もう大した話をしていないということは多々あるんです。

そんな場合に書いてまとめると「あっ、お父さんこんなことをしていたんだ」っていうのはやっぱりあるんです。
実際に夫婦では知っていても子どもは知らなかったりして、「お母さん、若い時にこんなダンスやってたの?」とか。

富士見坂法律事務所 井上義之弁護士

もっと言うなら、お葬式の時の解説するのがいいと思うんです。結婚式なら言うじゃないですか?
自分たちで作って、「新婦は○○して、○○して、どんなクラブ活動をして」とか、要するにそれの一生版ですよ。

でも、なかなかそれが通常ないんですよ。
やっぱり、そういうのって本人にとっても意味があるし、ご家族にとってもいい一面というか、私はすごくいいと思います。

そういう意味で、今までこんなことをしてきたとか、どこで生まれてみたいなことを言う結婚式って本当にいいじゃないですか?
それを、やっぱりその後もたくさんいろいろやっているわけだから、その後も作っていくべきだと思いますので。

富士見坂法律事務所 井上義之弁護士

 

■最後に

---弁護士歴10年を超え、振り返って見ていかがでしょうか?

法律家ならではの解決策をご提案したことでうまく解決でき、依頼者から「頼んで良かった」「もっと前に依頼すればよかった」と言って頂けたときどは本当に嬉しいです。

最近ですと、会社の営業店舗の明渡を要求された依頼者がおられ、関係者が複数ある複雑な案件であり、なかなか紛争の中心となる会社が話し合いの場に出てこなかった事案でした。

依頼者としては、誰とどのような交渉をすればいいのか分からくて困っておられました。そこで、紛争中心となる会社を徹底的に調べて糸口を見つけ出してその会社の代表者個人の自宅を仮差し押さえすることまでして、話し合いの場に引きずり出してなんとか、紛争全体の解決を図ることが出来た例があります。

依頼者の利益のために、あらゆる方策を検討し、時間と労力はかかりましたが、なんとか解決の糸口を手繰り寄せることが出来、結果として依頼者に感謝してもらえたので、非常にやりがいを感じられた仕事でありました。

富士見坂法律事務所 井上義之弁護士

---相談に来られる方にメッセージをお願いいたします。

まずはどういう結果を希望しているかを率直にお聞かせください。希望の実現に向け、どういった手段が考えられるかをご提案致します。
また、悩んだら先延ばしにすることなく、なるべく早め早めに相談されることをお勧めします。

34640の画像

井上 義之 (第一東京弁護士会所属 / 富士見坂法律事務所)

依頼を頂く方の事情をしっかりくみ取り、法律家として最善のご提案をいたします。 企業法務から、個人の依頼まで、企業・個人と広く依頼を受けております。 法律におけるホームドクター(かかりつけ医師)を理想にかかげておりますので、まずはご相談頂きたいと思います。

ホームページはこちら

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士

遺産相続に強い弁護士相談

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士