遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 6097

遺産相続に強い弁護士 194

【弁護士監修】同居する長男・長女が親の財産を使い込んでいた場合の相続対処法

この記事を監修しています
古閑 孝の画像

弁護士 古閑 孝 アドニス法律事務所

3391 Views
更新日:2019年05月13日
同居する長男・長女が親の財産を使い込んでいた場合の相続対処法のアイキャッチ

問題点の把握

両親が既に亡くなってしまっている場合、相続人になるのは子供だけ、というのが原則になります。
その場合に、相続人の子供の一人が相続財産を使い込んでしまっているような場合があります。

このような場合に対応するのは、相続前・相続後に分けて対応する必要があります(なお、以下のケースはあくまで遺言のない場合を前提にしています。)。

相続前の場合

相続前の使い込みについては
①使い込んでなんかいない
②本人の同意(または本人の指示)で使用した
という言い訳(法律上は抗弁、といいます。)が出てくることが考えられます。

「①使い込んでなんかいない」の場合

銀行の取引履歴などと共に、当該銀行の被相続人名義の通帳をその使い込んだ相続人が管理していたような事実を証明すれば、反論することができます。
その反論に成功した場合には、その相続人に対して、民法709条の不法行為か、703条の不当利得返還請求が被相続人に発生していたことになりますので、相続人はこれらの権利を相続し、使い込んだ相続人に行使することになります。なお、このような場合、使いこんだ相続人にも相続分は存在するので、その分は相殺されることになるでしょう。

「②本人の同意(または本人の指示)で使用した」場合

②については実は厄介な問題です。
立証という観点からは、●●に●●円あげたなどというメモがでてくると、その部分は生前贈与、ということになりかねません。
そういったものがない、ということであれば、当該財産の贈与は特別受益であり、相続財産に含めた上、一旦(計算上は)財産に戻して分配をし直すべき、という主張をしていくことになるでしょう。

相続後の場合

相続後に使い込みがあった、あるいはそれが疑われる状況になったのであれば、被相続人の財産をまずは凍結させましょう。
本来、預貯金については、名義人が亡くなった時点で凍結させなければなりません。そのため、凍結の手続自体は簡便にでき、銀行によっては、電話一本で対応してもらえるところもあります。凍結手続の際、通帳への記帳はしっかりしておきましょう。

万が一、凍結より前に使い込まれてしまったような場合は、使い込んだ人に対して上記の場合と同様、不法行為あるいは不当利得を理由として、損害賠償・返還請求をしていくことになります。
この場合は、本人の同意云々ではなくなります。遺産分割協議を終了していない以上、その金員を使うことは許されません(金員については相続人の共有状態になります。)。
よって、同請求が認められる可能性は高くなるといえます。

まとめ

相続財産の使い込み遺産分割調停を提起し、その中で使い込みについても全てを含んで清算することも可能です。
訴訟なのか調停なのかは当事者の関係や金額、証拠等を総合的に判断して決定する必要があります。
そのような場合、弁護士に依頼してどういった手続きをとるのが適切なのか、少なくとも、第一次的なアドバイスを仰ぐべきでしょう。

この記事の監修者

古閑 孝の画像

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

相続は、どなたにも身近で起きる出来事です、しかし、感情で揉めてしまったり話し合いで解決出来ないことも少なくありません。 相続時には色々なトラブル・悩みが発生するものです、私の40年間という弁護士経験のを元に事例や状況に沿って対処法を電話でも解説可能...

この記事を見た人が見ている記事

相続人全員が相続放棄した時に起こる問題とは?の画像

2018年12月29日 4539 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

親の扶養義務や生前の資金援助など、遺産分割で揉めてしまいそうな場合の対処法の画像

2019年03月08日 8056 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

相続財産の調査とは、何をするのかの画像

2018年12月29日 1874 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

住宅購入資金・結婚式費用など生前贈与は相続財産に含まれるのか?の画像

2018年12月29日 3391 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

生命保険の死亡保険金は相続財産に入るのか?の画像

2018年12月29日 5633 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

問い合わせの多い遺産使い込みに強い弁護士

遺産使い込みに強い弁護士相談

問い合わせの多い遺産使い込みに強い弁護士