遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 4913

遺産相続に強い弁護士 175

お墓は誰が守る(継承するのか)?のアイキャッチ

お墓は誰が守る(継承するのか)?

2659 Views
2016年10月06日 公開
お墓は誰が守る(継承するのか)?のアイキャッチ

お墓は相続財産になるのか?

祖父が亡くなりました

私の父は二男で、既に他界しています。祖父にとって私は初孫であり、本当に可愛がられて育ちました。長男である伯父には息子がなく、既に2人の娘は嫁いでいます。生前から祖父は私が墓守をする事を願っていて、簡単な遺言書も残っています。

しかし、伯父は「墓は長男が守るもの」と話し合いになりません。また、私の父の遺骨は今も自宅にあり、いつか墓を購入しようと考えていましたが、それを不憫に思って、祖父が遺言を残しておいてくれた事も知り、益々私が墓守をしなければいけないと思っています。どうしたらよいでしょうか?

法的な見解では?

元来、祭祀の継承の多くは、慣習に従い決められてきました。しかし、家督制度の廃止や少子化等により、現代は一概に慣習だけで決めることが難しくなってきています。

そこで、お墓や仏壇などの祭祀財産について、誰が承継するかについては法律で定められています(民法第897条 祭祀に関する権利の承継)。

法律に則って、今回の件を考えてみましょう。

故人であるお祖父さんが生前から明確な意思を示しており、相談者を承継者と指定していますので、あなたが祭祀の継承者となることに何ら問題はないはありません。

ちなみに、この指定は、遺言書でも口頭でもどちらでも有効となります。

まずはこの点を伯父さんに説明してみてはどうでしょうか。しかし、それでも納得してもらえず、解決できないような場合には、家庭裁判所で祭祀継承の調停を申し立て、判断を委ねる場合もあります。

永代供養墓の費用

なお、予断となりますが、祭祀を行う上でかかる費用は、祭祀承継者の負担となることを注意しなければなりません。

また、近年では、墓の取得には多額の費用が発生する為、相続に関わる利害関係人が墓を相続財産と考え、承継者の相続財産を減らすべきだと誤った主張をすることもあります。

しかし、墓は相続財産ではなく、祭祀財産となるため、承継者の相続財産が侵害される事はありません。

また逆に、祭祀に費用がかかることを理由に、相続財産を多く要求することも当然出来ません。

ただし、いずれも相続人間で話し合いがなされ、全員の協議の下に、今後の祭祀に関する費用の負担について、話し合いがまとまった場合には、その話し合いに従って、費用負担することとなります。

この記事の著者

古閑 孝の画像

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

相続は、どなたにも身近で起きる出来事です、しかし、感情で揉めてしまったり話し合いで解決出来ないことも少なくありません。 相続時には色々なトラブル・悩みが発生するものです、私の40年間という弁護士経験のを元に事例や状況に沿って対処法を電話でも解説可能...

この記事を見た人が見ている記事

【離婚歴がある場合は特に注意】遺産相続で注意すべきことの画像

2016年10月04日 2424 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

悲惨ないじめの現状を遺書から考える。中・高校生のいじめ自殺の遺言書の画像

2016年10月06日 3174 views

内藤 政信 (弁護士)優和綜合法律事務所

離れている親が孤独死をしてしまったらすべきこと4つの画像

2016年10月06日 5070 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

お葬式や遺品の片付け費用は、法定相続人で負担するの?の画像

2016年10月06日 2394 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

家族などの身寄りのない人の相続対策とは?の画像

2016年10月06日 4933 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

問い合わせの多い遺産分割に強い弁護士

遺産分割に強い弁護士相談

問い合わせの多い遺産分割に強い弁護士