遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 4913

遺産相続に強い弁護士 175

父が相続放棄した場合、相続権はどうなるのか?のアイキャッチ

父が相続放棄した場合、相続権はどうなるのか?

546 Views
2016年10月06日 公開
父が相続放棄した場合、相続権はどうなるのか?のアイキャッチ

父が相続放棄をすると言っています。相続権はどうなるのでしょうか?

母が亡くなりました。相続人は、父・長男・長女・次男の4人です。

四十九日法要で集まった際に、父が突然、「自分は家庭裁判所で相続放棄の手続きをする」と言い出しました。

相続放棄とは?

相続放棄とは、法定相続人となった人が被相続人(亡くなった方)の遺した財産が、プラスの財産(現金・預貯金・不動産・有価証券など)とマイナスの財産(債務、借金、ローンなど)も含めて全て相続しないと言った場合に、相続開始地(亡くなった方の住所)を管轄する家庭裁判所に相続放棄の申述書を提出することで相続放棄を認めてもらうことが出来る制度です。

相続放棄をするとその法定相続人は初めから相続人ではないことになります。(民法第939条)

注意しなければならないのは、ただ単に言葉や書面で「相続放棄する」旨を主張しても相続放棄したことにはなりません。特に遺産に借金が含まれている場合は、法的な手続きをしておかないと債務者などに証明することが出来ず、借金も相続することになります。

相続放棄に期限はあるの?

あります。民法では、相続開始があったことを知ってから3ヶ月以内に相続放棄の手続きをしなければならないと定められています。どうしても3ヶ月以内に手続きすることが難しい特別な事情がある場合、3ヶ月の期間中に相続開始地の管轄の家庭裁判所に「期間の伸長」を申し立てると家庭裁判所がこの3ヶ月の熟慮期間の伸長を認めてくれます。(民法第915条)

この伸長の手続きは、認めてもらえるか確証はありませんし、何度も伸長してもらえるとは限りませんので、まずは3ヶ月以内にしっかりと相続を承認するのか放棄するのか決断するようにしましょう。

相続権はどうなるの?

「相続放棄に期限はあるの?」で説明した通り、相続放棄した人は法定相続人は「初めから相続人でなかったこと」になりますので、今回の相談事例では、相続放棄した父は相続人ではなかったことになります。

そのため、相続人は子3人の長男・長女・次男が法定相続人になることになります。

最後に

相続放棄は法律行為になります。

借金の相続をしてしまい後の人生を大きく左右する可能性もございますので、遺産分割協議書の署名や口頭での意思表明では法的効力はございませんのでご注意下さい。

※相続放棄できるのは、あくまでも故人の債務のみです。元々自分が故人の債務の連帯保証人になっている場合の連帯保証はそのまま有効です。

相続放棄の手続きは、専門家に依頼しなくても行うことは可能ですが、必要書類も多く手間も時間も掛かります。専門知識も必要となりますので、期限内にしっかりと完了するためにも、経験が多い弁護士などにご相談下さい。

この記事の著者

古閑 孝の画像

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

相続は、どなたにも身近で起きる出来事です、しかし、感情で揉めてしまったり話し合いで解決出来ないことも少なくありません。 相続時には色々なトラブル・悩みが発生するものです、私の40年間という弁護士経験のを元に事例や状況に沿って対処法を電話でも解説可能...

この記事を見た人が見ている記事

「相続放棄」と「相続分の放棄」の違いの画像

2016年10月05日 5292 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

本当の親子同然に暮らしていても、相続人とならない?!その解決策は?の画像

2016年10月05日 616 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

結婚したことを親族に周知出来ずに亡くなってしまった場合の相続トラブルの画像

2016年10月04日 518 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

生命保険は相続財産?元夫の葬儀代や借金の請求をされているの画像

2016年10月06日 2342 views

山川 典孝 (弁護士)山川法律事務所

亡くなった後に借金が出てきた場合の相続放棄と対処法の画像

2016年12月11日 2126 views

古閑 孝 (弁護士)アドニス法律事務所

問い合わせの多い相続放棄に強い弁護士

相続放棄に強い弁護士相談

問い合わせの多い相続放棄に強い弁護士