遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 1982

遺産相続に強い弁護士 155

戸越銀座商店街で法律事務所を構える二児の母の弁護士先生にインタビューしてみたのアイキャッチ

戸越銀座商店街で法律事務所を構える二児の母の弁護士先生にインタビューしてみた

827 Views
2016年05月31日 公開
戸越銀座商店街で法律事務所を構える二児の母の弁護士先生にインタビューしてみたのアイキャッチ

戸越銀座商店街は、東京都品川区にある、東京で一番長く全長が約1.3kmの長さがあり、今でも下町の匂いが色濃残る商店街になります。

togoshilaw.com_2

togoshilaw.com_3

そんな、戸越銀座商店街の入り口から5分の所に、戸越銀座商店街に唯一ある法律事務所、弁護士法人森川法律事務所の戸越銀座事務所があります。

togoshilaw.com_4

その、森川法律事務所の女性の弁護士先生は、なんと二児の母親というママ弁護士先生です。

インタビューのアポイントの調整をしていた際、かなりご多忙で、二児の母親を両立しているだけあり、事案対応の合間を見て18時までならという事で、何とか貴重なお時間を頂くことが出来ました。

今回は、昭和60年から兵庫の姫路に拠点がある、弁護士法人森川法律事務所の戸越銀座事務所で二児の母親と弁護士業務を両立している、角田 紗弥香(つのだ さやか)弁護士先生に、なぜ?戸越銀座商店街に姫路にある事務所の拠点を置いた経緯などをインタビューさせて頂きました。

-弁護士法人森川法律事務所 戸越銀座事務所の考え方

togoshilaw.com_5

昭和60年に兵庫にて開業し、様々なトラブル解決の実績を生かして刑事・民事・商事事件に至るまで幅広い法律的なサービスを提供しています。どんな些細な問題も気軽にご相談頂ける環境を作るよう心掛けています。

特に、戸越銀座事務所に関しては、品川区に根付き、依頼者の目線に立ち、親切・丁寧でわかりやすいをモットーにし、また敷居が低く親しみのもてる法律事務所を目指しています。

-弁護士法人森川法律事務所 戸越銀座事務所が戸越で設立することになった経緯を教えてください

姫路の森川法律事務所は私の父が所長を務めているので、私の結婚・出産を機に2015年の4月に支所として当事務所を設立させてもらい、現在で丸1年が経ちました。

資格取得後に一度地元姫路に戻り、父の元で4年間下積みを経験しましたが、当時品川区大崎に住んでいた主人と結婚したことと、東京と兵庫の事務所が密に連携がとれた方が依頼者にとってもメリットが大きいのではないかという話あって、姫路の事務所を平成2015年5月に弁護士法人化とし、拠点を東京と姫路に置いた弁護士法人森川法律事務所設立に至りました。

姫路で受けた事案で相手側が東京の場合など、事件が東西にまたがる事案は以前からありましたし、現在も姫路の案件を戸越銀座事務所で対応しているケースがあります。

なぜ戸越銀座かというと、以前からこの商店街が好きで主人とよく散歩をし、将来事務所を開くならここがいいなと思っていた経緯があります。

-戸越銀座事務所の良い箇所や気づいた点などありますか?

戸越銀座商店街は都心にもかかわらず下町の風情と活気があり、顔見知りが増え居心地がいいです。

ご飯屋さんも多く、洋食屋・エスニック料理・イタリアン・お蕎麦屋等美味しい店が多いです。

-現在は戸越銀座事務所と合わせて何名でやられているのでしょうか?

現在、姫路は、弁護士2名と事務員が3名の体制で、戸越銀座は、私弁護士1名と事務員が1名の体制になっております。

-事案の男女・年齢・構成比率はどんなものでしょうか?また、姫路などと違いなどはありますでしょうか?

戸越銀座事務所は、相続・不動産・離婚・交通事故等幅広く対応させていただいており、現在は不動産の事案での相談を受ける事が多いです。

個人間のトラブル、個人投資家と業者間のトラブル、大家さんと借主のトラブル等色々あります。最近では、エアビーアンドビーに使用されて困っているという相談もありましたね。

姫路の方は40年と歴史があるので、顧問先が多く、保険会社などとの提携もあったりするので、特に多かったのは交通事故の事案です。年齢的には、40代以上の方が多く、若い方からの相談は少なかった印象です。

現在は、男女、年齢などは特に偏りはなく、幅広い年齢の方からご相談頂いています。

戸越銀座事務所のホームページを見たと言って遠方から来られる方もいますし、近くにお住まいの方は、土地柄もあるのですが、ご高齢の方に多く相談に来て頂いています。

相談に来られるタイミングにも若干違いがあるように感じます。

姫路では、調停の申立や訴訟の提起など弁護士が代理人として介入する必要がある段階での相談が多かったのに対して、戸越では、トラブルになる前の事前準備としてや、当事者間でまだ話し合いができる状況で、今後どのように進めていけばいいかという相談も多いです。

-6年間の弁護士経験から心に残っている、事案などありますでしょうか?

離婚の話になりますが、DV(家庭内暴力)を受けて抑圧された環境の中に、自身が代理人として入って慰謝料や養育費をしっかりと獲得でき、依頼者の再出発を見られた時は嬉しく思ってしまいますね。

-相談者や依頼者に対して大切にしている事などはありますか?

まずは話しやすい雰囲気作りを大切にしています。また、分かりやすく丁寧に説明をし、選択肢のメリット・デメリットを一緒に検討しながら納得のいく方向性を模索するようにするように心がけています。

姫路で勤務していた時は、所長や先輩弁護士のフォローが中心だったので、主体的に依頼者の対応をすることは少なく、何かあっても先輩弁護士にすぐ助言を求められる環境にありました。

戸越銀座事務所を任されて1年間、日々責任の重さを実感し、たとえ無料相談であっても、気になったことは後で調べて相談者の方にお伝えするなど、びっくりするくらい自身で調べ尽くす様になりました。(笑)

-インターネットを使っての集客の見解

相談相手の顔が見えないで行くのは凄く勇気がいると思っているので、事前に弁護士の顔・経歴・考えなどが見える事は良いと思います。

しかし、その反面、弁護士の価格等も自由に設定できるため、価格競争等が起きて、安かろう悪かろうになってしまい、一定の水準を満たしたリーガルサービスが受けれない可能性がありますし、途中で弁護士との考え方や方針の違いに気付いて、また別の弁護士を探すことになるなど、無駄に費用が掛かってしまうケースもあるかもしれません。

-弁護士の資格の取得に至る経緯を教えて下さい

父が弁護士だったことが大きいです。

また、幼い頃から両親に、女性でも資格を取ってどんな状況でも1人で生きていける様になるようになってほしいと言われていましたし、弁護士という職業の大変さややりがいも近くで見ていて理解したうえで、これしかないと思っていたので、大学に入る前には決めていました。

-2児の母の弁護士という事で苦労される事などはありますでしょうか?

一言でいうと時間が足りないです。

色々な人に会って自分を知ってもらいたい、地域の方々と交流したいと思っていますが、現状そのような時間はほとんど持てていません。

家事や育児を効率化し、引越までして(笑)時間を確保していますが、事務所を見つけて来てくださる方の対応で精一杯で、地域の啓蒙活動や、法律相談に行きたくても行けない方の訪問相談等も行いたいのですが今はできていません。

現在は4歳の男の子と2歳の女の子がおり、戸越銀座事務所の立ち上げの時は、下の子をそばに置きながら書類の作成をしたり、事務所の場所を探したりと、正直怒涛の1年でした。(笑)

-2児の母から感じる、現在の法律でズレやここは変えてみたい等の法律などありますでしょうか?

今、日常生活の中で一番変わってほしいと感じているのは、父親が育児に日常的に関われる社会になってほしいということです。

男性の育児休業取得者が出た企業に政府が助成金を出すなどの後押しがあったり、女性活用を推進したりしていますが、実際には育児休業を短期間取っただけとか、取得率自体ほとんど上がっていないようです。

また、最近イクメンが増えたと耳にしますし、私の主人も時間があれば子供の世話を手伝ってくれるのでイクメンと評価してあげたいところですが、毎日の帰宅時間が23時以降という過酷な職場で働いているので、平日育児家事という労働を分担してもらうことは不可能です。

小さな子供のいる父親は残業させないのが常識という時代がいつか来ればいいなと思います。

-弁護士になって良かったと感じる点はありますか?それはどんな時ですか?

相談後、不安が解消された、気持ちが楽になったと安堵して頂けた時はうれしいです。また、原理原則や過去の経験からは一見負けそうな事案でも、考え抜いてウルトラCの解決方法・判例・例外などを見つけられ、諦めていた依頼者に利益をもたらせた時は、弁護士になって良かったと感じます。

-逆に辞めたいと思った事、嫌だなと思った事はありますか?

相談者のお話を聞く中で、気の毒な状況を救う手だてがない場合等暗い話が続いてしまい落ち込むことは有ります。

しかし、子供に会うと切り替えられるので、こんな時には子供を迎えに行くのが本当に楽しみです。

-休日は何をやられているのですか?

土日に相談が入れば事務所に出てきますが、普段は溜まった家事を片づけたり、子供と一緒に公園で遊んだりしています。

夫婦どちらかが多忙の時はお互いがフォローし合い、家事・育児を分担し、仕事に行くなどしております。

-相続に関して思っている事など

togoshilaw.com_6

事務所の場所が戸越銀座という、高齢の方が多い場所なので、もっと事務所の認知を広げ、ここの方々に貢献したいと思っております。

特に遺言書の作成や成年後見人の選任など、後々トラブルにならないような予防策についての啓蒙が出来たらと思っております。

また、不動産トラブルの相談を受けることが多く、不動産は相続においてもよく問題になりますから、今後も引き続き相続と不動産の知見を深めて、不動産トラブルや不動産に関する相続であれば弁護士法人森川法律事務所 戸越銀座事務所角田弁護士と言われるようになりたいと思っています。

-これから相続の事案に関してはどういった動向などが予想されますでしょうか?

拠点の特性上で痛感している事ですが、これから高齢化社会になっていくので、遺言書の作成はもちろん、遺言執行者・成年後見の選出、判断能力がまだあるうちに任意後見制度の活用を考える等生前対策としての相談が増えていくと思います。

また、弁護士・税理士が口をそろえて言う事だと思いますが、相続税の基礎控除が下がってしまっているので、東京都の方は相続税が他人事ではなくなってくるので、特例等を使う等のテクニックなどの問い合わせなども増え、紛争プラス税などの対応が出来る弁護士が活躍してくるのではないか?と感じております。

-それに伴い気をつけておいた方が良い点などありましたら教えてください

上記でも少し触れましたが、お金にゆとりのある方で、最近自身の判断能力に自信がなくなってきたと思う場合は保佐人・補助人選任の申立を裁判所にしたり、まだ判断能力に問題がなくとも信頼できる人に頼んで任意後見契約を結んでおくなど、早い段階で準備していく事が良いと思われます。

離婚・再婚等をしている方達は、しっかりと生前に一度、戸籍を辿っておいた方が良いと思われます、過去のケースで亡くなった方の父親が再婚をして、亡くなった方もその義母兄妹も父親の元妻の存在を忘れており、財産が有らぬ方向へすべて移ってしまった、なんてケースもありますので、相続を意識し始めたうちから弁護士に相談し、辿ってみるのも良いと思います。

-ご自身だったらこんな相続が望ましい

親の相続であれば、遺産を分配するための遺言書は作ってもらわなくても良いと思っています。残された家族のなかで必要な人間が相続すれば良いと思っていて、あんまり深く考えてないのが本音です。

ただ、普段家族に言えないことや自分の死後どうして欲しいか等メッセージがあれば、特に突然亡くなくなった時など残された家族の心の救いになるかもしれません。

私の相続であれば子供が2人いるので、不平不満が出ない相続にしたいです。特に成人した子供達が仲が悪かったりしたら、両方の意見を聞き、平等な配分になるような遺言書を作りたいと思います。

-戸越銀座商店街に事務所を構えて、振り返って見ていかがでしょうか?

弁護士になって6年目で思った事は、本当に戸越銀座商店街に弁護士事務所を置いて良かったと思っているのが正直な気持ちです。

現在住んでいる所も事務所の近くですが、近所の方は長く住んでいる方が多く、私自身人間関係の濃い田舎で育った人間で、私はその中で生きる事が居心地が良く、戸越は非常に合っており、本当にここに来てよかったと思っています。

-相談に来られる方にメッセージをお願いいたします

子育ての関係もあって、予約制にはなっていますが、空いている時間があれば当日でも相談に乗らせていただきますので、弁護士は敷居が高いと思わず、気軽に相談に来てください。

初回30分の相談は無料で行っておりますので、まだトラブルが現実化したわけではないけど今後のために顔を見てみたいというのでも構いませんので是非のいらしてください。

事前に揉めない様な予防策を一緒に考えましょう。

-インタビューを終えて

二児の母親をしながら弁護士業務をしているのは本当に多忙そうで、インタビュー中も現在受けている事案の連絡など対応しておりました。

togoshilaw.com_8

最も多忙だった戸越銀座事務所の立ち上げの時期は、事務所に子供を連れ、そばに置きながら仕事をしていたなんて事もあったそうで、「時間がいくらあっても足りない、足りないなら家事・育児を時短し、効率化するしかない」と言っておられたのはかなり印象に残りました。

初めは、理論的でドライな先生という印象を受けましたが、子供の話の時は母親の顔、周辺のご飯屋の話や、相談者の人柄などの話をする時の顔は、弁護士先生とは思えない、明るく、陽気な女性の顔の印象で色々な側面が見えた瞬間でした。

その中でも先生の素晴らしい人柄を垣間見えた瞬間の、「私は人間関係の中で生きる事が居心地が良いので、本当にここに来てよかったと思う」事を語って頂いた時が、編集者の中で一番心に響きました。

相談をお持ちで暗い気持ちの方は、戸越銀座商店街の街並みを見ながら、人と人の付き合いを重んじる、角田弁護士先生へ一度相談されてみてはいかがでしょうか?

立地も含め、きっと明るい気持ちになると思いますよ。

43599の画像

角田 紗弥香 (東京弁護士会所属 / 弁護士法人森川法律事務所戸越銀座事務所)

戸越銀座に惹かれ事務所を設立しました、2児の母として戸越で生活しており、地域の皆様に身近に感じて頂き気軽に相談できる弁護士を目指して活動しております。 長期にわたる経験と実績を生かして相談者の方に幅広いリーガルサービスを提供しておりますので、お気軽にご相談ください。

ホームページはこちら

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士

遺産相続に強い弁護士相談

目次

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士