遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 4913

遺産相続に強い弁護士 173

「LAW FOR ALL」すべての人へ、質の高い法律サービスを提供する、弁護士法人アドバンスの五十部紀英弁護士にインタビュー。のアイキャッチ

「LAW FOR ALL」すべての人へ、質の高い法律サービスを提供する、弁護士法人アドバンスの五十部紀英弁護士にインタビュー。

247 Views
2018年03月09日 公開
「LAW FOR ALL」すべての人へ、質の高い法律サービスを提供する、弁護士法人アドバンスの五十部紀英弁護士にインタビュー。のアイキャッチ

「LAW FOR ALL」を掲げ、総合的なサービスを展開する、弁護士法人アドバンスの代表弁護士五十部紀英先生に今回インタビューをさせていただきました。

弁護士法人アドバンスのビジョンを中心に、五十部弁護士の人柄、質が高く総合的なリーガルサービスを提供できる弁護士法人アドバンスの強みについて、お話をお伺いしてきました。

弁護士法人アドバンス 五十部紀英 弁護士
弁護士法人アドバンス 五十部紀英 弁護士

 

■弁護士法人アドバンスに関して

---弁護士法人アドバンスの特色、強みを教えてください。

五つの特色があります。
項目で申し上げますと、「受け皿の広さ」「専門性の高さ」「分かりやすさ」「相談のしやすさ」「総合リーガルグループであること」だと思っています。

「受け皿の広さ」というところからお話ししますと、個人向けのリーガルサービスと、それから企業法務です。
個人向けですと、離婚、交通事故、債務整理、刑事事件、労働事件、相続から、企業向けの顧問業務、M&A、IPOといった高度なものまで、幅広くワンストップで行っています。
個人から法人まで受け皿がすごく広いと思っています。

それから「専門性の高さ」というところですが、先端法務です。

例えばほかの事務所がやっていない医療法務、スポーツ関係の法務、ITはかなり先端法務だと思っています。
専門性の高さで勝負をしています。

弁護士法人アドバンス 五十部紀英 弁護士

「法律の一歩先へ」という事務所のスローガンがあり、その実践だと思っています。

法律で分かることがあると思いますが、普通の弁護士がやっていることの一歩先に進んだリーガルサービスを提供しようと思い、先端法務をやらせていただいているということがあります。

「分かりやすさ」というところでは、明朗会計ということです。
最初に幾らかかるのか分からないというのが、弁護士にはあると思います。

弁護士にお願いしたら幾ら持っていかれるのだろうか、このまま事件を続けていて大丈夫なのかというのがないようにしています。
最初の段階で、きちんと見積もりを提出させていただき、最後の段階でも、このように精算させていただきましたということを必ず明快にお答えするようにしています。

コラムについても、「分かりやすさ」の一つとして挙げられると思います。

コラムは事務所のホームページで月に1回程度更新していますが、身近な法律に関するコラムです。
例えば最近ですと、あおり運転が話題になったと思います。
あおり運転について書かせていただいたり、あとは離婚するときに準備しておいたほうがいいことなどについて、分かりやすくコラムとして身近な問題を事務所のホームページで提供しています。

それから「相談のしやすさ」というところですが、弁護士に相談するのは、すごくハードルが高いと思います。

先ほどの幾ら取られるんだろうということもありますし、そもそもこれは弁護士に相談すべきことなのかというところがあると思います。
そのハードルを少しでも低くして乗り越えてもらえるように、まずはフリーコールで、電話代がかからないように対応させていただいています。

それから、昼間に働いていて忙しい方は夜しか相談できませんので、メールで24時間受付をしています。
お客さまには全国どこからでもご相談していただいて、簡単な内容でしたら、お電話やメールでお答えしています。

あとは受け皿を広げるため、相談しやすくするために、土日祝日も対応しています。

ほかの事務所ではやっていないと思うのは、チャットによる相談受付です。

チャットで相談を受け付けすると、すぐに返ってくるようなシステムにしておりまして、それがすごく好評をいただいております。
そのへんで、弁護士には相談しにくい、弁護士に相談するほどのことなのかということを相談してもらい、きちんと解決することがアドバンスの役割だと思っています。

それから、「総合リーガルグループであること」ですが、アドバンスは法律事務所のほかに税理士事務所でもあり、あとは司法書士も所属しています。

今後、行政書士法人、弁理士法人、社労士法人をつくっていく予定なので、総合的に士業のサービスを受けられるグループであるということです。
法人のお客さまですと、弁護士に相談をすると、必ず税務の話になります。
そのときに、きちんと受け皿を用意して対応します。
登記はできないのかと言われることもありますので、登記も行います。
知的財産の関係の相談が来れば、そちらにも対応できます。

もちろん訴訟でしたら、現段階でも対応できますが、商標についても今後は対応できるようにしていく予定です。

それがアドバンスの強みだと思います。

弁護士法人アドバンス 五十部紀英 弁護士

---現在、ご依頼をうけている事案、事件は何が多いですか?

アドバンスの受け皿の広さのところでご説明させていただきましたが、個人と法人、両方の事件をお受けしています。
一般民事の割合が大きいと思います。

個人についても顧問先を100社近くいただいていますので、ご相談はすごく多いですが、どちらかというと個人のほうが多いです。
その中でも相続の案件は多くご相談いただきます。

---事務所設立のきっかけ、エピソードを教えてください。

私は300人規模の事務所に所属していたのですが、そこで得た知識や経験を生かして事務所を設立したいと思ったのがきっかけです。

---士業をトータルでやっていくのは大変なことだと思いますが、目指した理由はありますか。

依頼者の方には、弁護士は何でもできると思われています。

確かに税法の知識はあるんですが、確定申告のすごく細かい部分や、弁理士として特許申請出願の細かな部分では、対応し切れない部分があります。
そこまでフォローできないのは、弁護士としてご依頼をいただく上で無責任なことだと思いました。

自分の事務所で全てフォローできる体制を整えるのが私の使命だと思い、やらせていただこうと決意しました。

---ありがとうございます。あと気になったのがこのチャットシステムなんですが、どのようなシステムですか?

すごくニーズが増えています。
皆さん、インターネット検索は自宅のパソコンではやりません。

パソコンは共有していることが多いので、相談したことが見られてしまうのを気にしていることが多いです。
携帯の画面で気軽に相談受付できるチャットシステムというのは、すごく好評をいただいております。

夜中でもチャットですぐに返信が来ますので、夜中のご相談もすごく多いです。
ほかの事務所は入力フォームに入力しなければならないため、勇気がいった、相談できなかったというのを、LINEやメッセージを送っているノリで送っていただくようです。
本当に口語体で「何を相談していいのか分かりません」みたいな内容のチャットをよくいただきます。
「助けてください」だけを書いてあるチャットもいただいたことがあります。

こちらからメールや電話で内容を詳しく聞かせていただき、しかるべき対応をしますが、そういう意味ではハードルが下がって、手前みそですが、いいサービスではないかと思います。

 

■五十部紀英弁護士について

---弁護士を目指した理由、きっかけを教えてください。

塾の講師として、大学生のときにアルバイトをしており、人に関わることで、その人が幸せになるという成功体験をしました。
毎年、何人かの学生を受け持っていましたが、自分の教えた生徒が一生懸命勉強をし、勉強のこつをつかんで大学に合格します。

その経験から、誰かに関わって、その人を幸せにするというのはいいことだなと思い、そういう仕事がしたいと思いました。
もともと、野球や卓球といったチームスポーツをしていました。
卓球は個人戦のように見えますが、団体戦もあり、チームスポーツなんです。

チームを率いて成功するということも一つのきっかけにはなりますが、こういう事務所をつくって、士業グループということでも、あとは事務員を率いるということでもそうですが、みんなで一生懸命がんばって高みを目指したかったということもあります。

弁護士法人アドバンス 五十部紀英 弁護士

---五十部先生がお仕事で一番大切にしていること、気をつけていることは何ですか?

まず、依頼を断らないことです。

正直言うと、弁護士は負け筋の依頼や、やりたくない依頼は断るんですが、弁護士には相談してもらったことに対する責任があると思います。
弁護士に相談するというハードルを乗り越えて相談をしてきてくれた人なので、必ず弁護士として期待に応えたいということがあります。
負け筋の事件をご相談されているとしたら、きちんと勝訴の可能性はご説明させていただいた上で、それでもやってほしいということであれば、私は一生懸命がんばります。
負け筋であるにしても、負ける幅を少なくするのは弁護士として重要な業務だと思います。

僕は、やりたくない事件というのはないのですが、弁護士としてあってはいけないと思うので、事務所の弁護士にはそういう教育をしています。

あと、常にクライアントの味方であるということもポリシーにしています。

弁護士は相手の味方になることは絶対にあってはいけないですが、なんとなく中立の立場で事件の処理をする先生がいると思うんです。
相手がこう言っているから、これぐらいで折れておきなよ、というような、どっちの味方か分からなくなるということをよく聞きますが、そうあってはいけないと思います。

弁護士はクライアントの唯一の味方だと僕は思っているので、代理人として説明をしながら、当たり前のことですが、その人のために一生懸命、100パーセントを尽くすことが重要だと思います。
金額で言ったら、取るときは1円でも高く、取られるときは1円でも安くするのが任務だと思っています。

---弁護士になるまでの大変さだとか、苦労話はありますか?

いっぱいあります。
さかのぼれば、小さい頃は母子家庭でした。
小学校低学年のときに両親が離婚して、それからは毎日の食事に困るくらいの生活を強いられていました。
しかも母が病気がちで、入院すると何カ月も祖父母の家に預けられました。
そのときの経験は、すごく活かされています。

弁護士法人アドバンス 五十部紀英 弁護士

---それは弁護士を目指す理由、エネルギーになりましたか?

そうかもしれません。
二つありまして、一つは母が離婚で苦労をしたと聞いていたことがあります。
離婚に事件として特別な思い入れがあるわけではないですが、困っている人に携われる仕事がしたいと思ったのは、そういうところからです。

あとは、きちんとした収入が得られる仕組みをつくりたいと思いました。
僕が安定した生活を送るのはもちろんのことですが、僕が小さい頃、お金ですごく困っていたので、僕が関わる人にお金で困ってほしくないと思いました。

事務員には、一人一人が手に職をつけ、一人前のパラリーガルになって、ちゃんとうちの事務所で働いていく、または転職をしたとしても、事務所の経験を生かして転職ができるような仕事をしないと駄目だと伝えています。
昔の経験が生かされていると思います。

---先生の趣味、休日の過ごし方について教えてください。

リフレッシュするためにやっていることは、本当にオフのときには、家族と外出することが多いです。
妻と子どもがいますが、一緒に買い物に行ったり、公園に散歩に行くことが好きです。

あとは仕事も絡んできますが、ゴルフに行くもの好きです。
趣味がスポーツやスポーツ観戦なので、ジムに行くのも大好きです。

---先生もお休みなど運動もされてるのですか?

運動は大好きです。
スポーツ法務に関わる上で、自分がきちんとしておかないと、共通の話題がないと思っています。
スポーツ選手と話す機会が多いので、「筋トレは何をしているの?」という話で、「じゃあ、今度一緒にジムに行きましょうか」と言って、先週末も野球選手と一緒にジムでトレーニングをしました。

---スポーツの関係の法務も多いと思うのですが、きっかけがあったんですか?

僕がもともとスポーツをやっていて、スポーツが好きだったというのが一番です。
野球とサッカー、卓球を経験しているので、スポーツ法務に何かしら関わりたいと思いました。

弁護士法人アドバンス 五十部紀英 弁護士

 

■お仕事に関して

---弁護士法人として、これからの支店展開、ビジョンを教えてください。

アドバンスとしては、先ほど申し上げました総合リーガルグループをつくることが一つです。
士業については網羅できるような事務所にしていきたいと思っており、これを完成させたいと思います。

全国の8大主要都市には支店をつくりたいと思っています。

3月に札幌に事務所をオープンする予定で、埼玉、福岡、札幌の3事務所、東京も入れたら4事務所目になります。
これから名古屋、大阪、広島、仙台あたりには事務所をつくって、全国で東京のリーガルサービスが受けられるような事務所にしていきたいと思っています。

---質を高める、質を落とさないということですか?

地方の弁護士は、どうしてもなれ合っている印象を受けることがあります。

どうしても、あの先生だから、ここは折れておこうかとか、今回はこの裁判官だから花を持たせてあげようというところがあり、それをなくしていきたいです。
法廷ではぶつかり合うけれども、プライベートは分けるという、東京では当たり前にやっていることを地方でもやっていきたいです。

最先端のリーガルサービスを地方でも提供したいと思っています。

---これまでの紛争解決事例や、先生が印象に残っている事案はなんですか?

例えば相続の事案で申しますと、海外に相続人がいたという事案があります。
地球の反対側、ブラジルに相続人が現われた事案がありました。

それがすごく印象的でした。
国際郵便を送って、なんとかコミュニケーションを取って解決ができました。
多言語対応していますので、そのあたりは海外も対応しているところの強みだと思いました。

弁護士法人アドバンス 五十部紀英 弁護士

---今後、先生が関心のある分野、伸ばしていきたい分野は何ですか?

相続の分野はすごく関心があります。

今は超高齢化社会と言われていますので、相続の相談はすごく多くなると思います。
個人だけではなく、事業者の相続のご相談が増えると思います。

中小企業の事業承継は、いろいろな問題をはらんでおり、専門家が携わってワンストップで解決できる分野なので、われわれの出番だと思っています。
事業所でしたら、事業承継に当たって、まず資産の算定、それから税務申告があります。
著作権や知的財産権はどうするか、従業員はどうするのかという話も出てきます。
あとは登記変更の話、そもそも遺産分割協議書をどうするかという話もあります。
もめたら調停、審判もしなくてはなりません。

あらゆる問題をはらんでいると思いますので、それをオールインワンで解決できる士業グループにしたいと思っています。

あとはM&Aも絡んでくると思います。
後継者がいなくて、事業承継をどうしようかといったときに、技術力が欲しい会社は全国にいっぱいあります。
アドバンスの法人のネットワークを駆使し、日本の技術力、培ってきたものを後に残す作業もしたいと思っています。

 

■最後に

---これまでの弁護士業10年目を振り返って見ていかがでしょうか?

本当にやりがいがある仕事だと思いました。
やっていて楽しいです。

弁護士法人アドバンス 五十部紀英 弁護士

---五十部先生が考える、理想の弁護士像とは?

二つあります。
一つは、依頼者の方に親身になれる弁護士です。
プラス、能力の高い弁護士だと思います。

ただ親身になるだけでも駄目ですし、ただ能力が高いだけでも駄目だと思うんです。
その両方が兼ね備わって初めて弁護士としての能力が発揮できると思うので、私は常に研さんを積みながら、依頼者に寄り添える弁護士でありたいと思っています。

私自身、何かあったときに依頼したい弁護士はどういう弁護士かといつも思っています。
例えば交通事故に遭って、その交渉をどんな弁護士に依頼したいか、まわりの弁護士を思い浮かべて、いつも頭で想像します。

あの人は能力が高いけれど、ここらへんで折れてしまいそうだとか、あの人は親身で一生懸命がんばってくれるけれど、能力がないなとか、そういうことを考えます。
そういうところから、先ほどの結論に至ります。

そのへんを想像しながら、私は自分が依頼したい弁護士でありたいというのが一番です。
また、私が依頼したい弁護士を養成するローファームになりたいと思っています。

弁護士法人アドバンス 五十部紀英 弁護士

---最後に、記事を見てくれた方、相談に来られる方にメッセージをお願いいたします。

弁護士に相談するのはすごく勇気がいることですし、決意がいることだと思います。

法律問題という分野は、家族や友人に相談しても解決方法が分からなくて、悩みを抱えている人がすごく多いと思います。
友達や家族に相談して「どうかな」「それは大変だね」と言われた問題でも、意外と電話一つ、メール一つで解決することがすごくあります。

私は市役所で相談業務をしていましたが、そのときも、「これで5年間悩んでいました」ということが、たかだか10分くらいの相談で終わることもありました。
法律で解決できない問題であれば、それはそれでしょうがないとなりますし、法律で解決できる問題もあります。
「なんで、こんなことで悩んでいるんですか。こうしたらいいじゃないですか」「あ、そうすればよかったんですね」以上、という問題もあります。

とりあえず電話一つ、メール一つでご相談いただければいいと思います。
われわれは勇気や決意を無駄にしないで、一つ一つ大切に対応いたしますので、気軽に相談していただきたいと思っています。

アドバンスとして、全ての人に、質が高く分かりやすい法律サービスと満足をというミッションを掲げていますので、それを実現するために、邁進していきたいと思っています。

38698の画像

五十部 紀英 (第一東京弁護士会所属 / 弁護士法人アドバンス)

総合リーガルグループとして、個人のお客様から法人のお客様まで、質の高い法律サービスを提供いたします。 ご相談をいただく方に寄り添い、満足のいただくサービスで問題の解決にご尽力致しますので、お気軽にご相談にきてください。

ホームページはこちら

この記事の著者

編集部の画像

編集部

中立的な立場として専門家様と連携し、お困りの皆様へ役立つ安心で信頼出来る情報を発信して参ります。

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士

遺産相続に強い弁護士相談

問い合わせの多い遺産相続に強い弁護士