遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 1982

遺産相続に強い弁護士 155

なかの きみ

中野 希美 弁護士

中野 希美の画像

WILL法律事務所

大阪市北区西天満4-6-8 OLCビル6階

大阪府
遺産分割
遺留分
成年後見
遺言書
生前対策
相続放棄
事業承継
相続税

親族間で起こってしまう相続問題は、早期に解決したいものです。
感情的な交渉を避け、冷静・公平に落ち着いた話し合いのもと、ご依頼者のご意向を伺いながら代理交渉にあたります。
遺産相続だけでなく、そこから発生する複雑な問題に関する知見もあります。
女性弁護士が在籍しておりますので、男性には話しづらいお悩みでも安心してご相談いただけます。
女性の目線として、依頼者様のお気持ちに寄り添うことを心がけて対応しています。

■お早めにご相談を‼
問題が深刻になる前に弁護士に相談することが重要です。
放置しておくと取り返しのつかない事態に進んでしまうこともあります。
相談してみたら実は大した問題ではないこともあります。 早めの相談が肝心です。

■何でもお話し下さい
弁護士は法的な守秘義務を負っていますから、ご相談の際にお話し頂いた内容が
外部に漏れることはありません。是非、ご自身で有利・不利を判断せず、とりあえず全てをお話し下さい。
弁護士が皆様にとって最善と思われる方策をアドバイスさせて頂きます。

■相談だけでも遠慮なく
弁護士を依頼するのはあくまでお客様である皆様です。具体的な措置を依頼するかどうかは、
皆様がお決め頂ければ良いのです。実際に弁護士と会ってみて、何となく合わない、
費用が高すぎる、処理方針に納得できないなど、どのような理由であっても、遠慮なく依頼をお断り下さい。

■受任しないこともあります
受任の必要がない、法律上明らかに成り立たない主張である、方針について意見が一致しない、
請求の相手方と利害が相反する、弁護士としての正義に反するなどの事情があった場合には、
受任しないこともあります。
その他やむをえない事情で受任をお断りする場合もありますので、ご了承ください。

中野 希美 弁護士が答えた相続相談Q&A

qaユーザーのイメージ画像

分割するはずの遺産が不明

私の父の相続の件で、相続人は母、長女、次女になります。私は長女です。
不動産及び車については、母の名義に変更することに同意し、遺産分割協議書...

中野 希美弁護士の画像

損害賠償請求又は不当利得返還請求を行う余地があるかもしれません

遺産分割は、現に残っている遺産を分ける手続ですので、仮に、お母様が遺産の一部である預貯金を遺産分割前にすべて使い込んでしまわれたのであれば、ご...

qaユーザーのイメージ画像

認知症83才の母、生前の自宅の名義変更

私、長男61歳、次男独身55歳、弟がここしばらく母に付き添っていたのですが、急に母が私に、弟に自宅を名義変更したいと言ってきました。
母は認...

中野 希美弁護士の画像

成年後見手続のご検討をお勧めします

認知症のお母様がなさった贈与は、後から無効を争うことができると考えます。
ですが、遺産相続の中で、お母様がなさった生前の贈与を争うために別途...

中野 希美 弁護士の詳細情報

基本情報

所属弁護士会 大阪
弁護士番号 32537
ふりがな なかの きみ
弁護士名 中野 希美
性別 女性
電話番号 0066-9751-4563
URL http://www.will-law.com/page/top.html
注力分野 遺産分割 遺留分 成年後見 遺言書 生前対策 相続放棄 事業承継 相続税

自己紹介

出身地 大阪府
生年月日 1973年11月14日
学歴

出身高校・・・大阪府立千里高等学校
出身大学・・・関西大学法学部法律学科

経歴

判事補任官・・・2000年(平成12年)10月
2000年(平成12年)10月~2003年(平成15年)3月まで、京都地方裁判所に配属。民事部(労働事件集中部)配属を中心とし、民事訴訟事件、民事保全事件等を担当。
2003年(平成15年)4月~2005年(平成17年)3月まで、松江地方裁判所・家庭裁判所に配属。民事部配属を中心とし、民事訴訟事件、民事保全事件等、少年係にて少年事件を担当。
弁護士登録・・・2005年(平成17年)6月
2005年(平成17年)6月~2006年(平成18年)3月まで、弁護士法人キャスト糸賀 大阪事務所にて勤務弁護士として勤務。
2006年(平成18年)4月、森弁護士、西迫弁護士とともに。「WILL法律事務所」開設

実績

事例
解決事例

①多数の相続人がいる場合の遺産分割

亡くなられた方(被相続人といいます)に配偶者やお子さま等がおられず、ご遺言もない場合、兄弟姉妹や姪甥が相続人となりますが、その場合、相続人の数が10人を超えることもめずらしくありません。
夫(又は妻)が亡くなり、兄弟姉妹等が他に相続人となる場合に、これらの相続人から相続放棄、相続持分の譲り受け等を受け、配偶者である相続人の持分を最大限に確保した上で遺産分割を成立させました。

解決事例

②最低限の持分を確保するための遺留分減殺請求

遺言により、兄弟が全財産を相続した事案で、遺留分減殺の調停手続にて希望する土地を取得する調停を成立させました。

料金・費用情報

相談料金 電話相談・無料 メール相談・無料 面談・ 初回無料
相談について 土日・祝相談可能 18時以降相談可能
その他対応 女性スタッフ対応可能 24時間予約受付
お支払方法 分割払い
着手金 10万円(税別)〜
成功報酬 10万円(税別)〜
備考

料金につきましては、お客様のご相談の上、柔軟に対応させていただきます。

アクセス

〒5300047
大阪府大阪市北区西天満4-6-8 OLCビル6階

最寄り駅
  • 京阪中之島線 なにわ橋駅 徒歩 6分
  • 京阪中之島線 大江橋駅 徒歩 6分
  • 京阪本線 淀屋橋駅 徒歩 7分

中野 希美弁護士への問い合わせ

0066-9751-4563 (無料通話)

5時37分時現在は営業時間外となります。メールでのお問い合わせがおすすめです。

メールで相談する
受付時間
  • 平日 9時30分 18時00分
定休日 土曜 日曜 祝日
備考

早朝、夜間のほか、土日祝のご相談についても、ご希望にできる限り沿うようにいたします。 初回相談につきましては最初の30分を無料でさせていただきます。お気軽にご相談ください。

対応エリア 近畿