遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 2239

遺産相続に強い弁護士 157

きったか かずよし

橘高 和芳 弁護士

橘高 和芳の画像

たちばな総合法律事務所

大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪府
遺産分割
遺留分
成年後見
遺言書
生前対策
相続放棄
事業承継
相続税

【法】と【税】相続問題では切っても切れない領域。
当事務所ではそのどちらの領域も対応可能です。
これまで弁護士と税理士はそれぞれが別々にその役割を果たしてきました。しかし法律と税金が複雑に絡み合う領域は確かに存在しております。そしてそれらの問題をシームレスに処理することで、お客様に大きなメリットを提供することが可能となりました。
弁護士と税理士、双方の業務を取り扱うことのできる当事務所が、お客様に一番近い場所から本当の意味で役に立つ「法」と「税」のワンストップサービスの実現を可能としました。

《【法】×【税】により提供できるメリット》
■余計なコストを減らせる
弁護士事務所と税理士事務所で個別の契約をしていたお客様にとって、それを一本化することで、重複していた料金を減らせるとともに、各種相談や手続きに必要な料金も抑制できます。
■様々なニーズに対応可能
お金が動くと、税務処理と法律問題への対応が必要です。当事務所はあらゆる業種の契約書チェックから、裁判、税務申告、タックスプランニングまで幅広いニーズに対応します。
■スムーズな相談や手続き
たとえば、債権回収や得意先の破産などの場面では、弁護士と税理士それぞれに、相談・説明が必要でした。当事務所では相談窓口がひとつで済むため、手続きもスムーズです。

橘高 和芳 弁護士が答えた相続相談Q&A

qaユーザーのイメージ画像

協議成立後の遺留分の請求に関して

遺産分割協議が終わって、協議書も取り交わしました。
その内容で、不動産登記手続きも完了しています。
遺産は数字で換算すると、全体6000万...

橘高 和芳弁護士の画像

協議後の請求について

 遺産分割協議がすでに成立しているということであれば、遺産分割協議自体が無効(例えば相続財産のかなりの部分を隠して協議を成立させたなど)でない...

qaユーザーのイメージ画像

叔母の遺産の分け方

7人兄妹であった私の父親の、唯一残っていた妹がなくなりました。
相続する人は、私の兄と従兄弟が1名です。
この場合の相続分は、割合はどのよ...

橘高 和芳弁護士の画像

寄与分について

 亡くなられたお父様の妹がご質問者様から見ておばさまで、おばさまには子も親もなく、相続人がご質問者様とお兄様、そして従兄弟1名の合計3名とする...

qaユーザーのイメージ画像

姉妹での相続

母の相続について、父とは25年前に離婚しています。
相続する人は長女と次女で、私は次女にあたります。
長女が母の生前に、全てを長女に相続さ...

橘高 和芳弁護士の画像

相続の調査

 長女が言うような遺言書が仮にあったとしても遺留分(法定相続分の2分の1ですので4分の1)がありますので、請求はできます(期間制限に注意が必要...

qaユーザーのイメージ画像

遺産分割協議に応じない

先日母が他界し、既に父も亡くなっている為、長男、二男、長女の3人が相続の対象になります。
私は二男で、母は生前長女と同居していて、長男と私は...

橘高 和芳弁護士の画像

調停の申立

 話合いがうまくいかないということですので、家庭裁判所に遺産分割調停を申立てをして解決を目指すことになります。
 申立の際には、お近くの弁護...

qaユーザーのイメージ画像

相続の分割の相談

父の遺産の件で、母は既に他界しており、相続する人は長男と次男です。
但し、長男は病気を発症し、現在は長男の妻が後見人となっています。
2点...

橘高 和芳弁護士の画像

協議について

 話し合いによる分割協議がまとまらなかった場合には、家庭裁判所での調停・審判により解決を図ることになります。預金などは法定相続分で分割し、不動...

qaユーザーのイメージ画像

相続の話が進まない。

亡くなった父の相続財産に対して遺言執行者が付いております。
遺言執行者は司法書士です。
相続人は私と兄(父が起業した会社を継ぐ)姉の三人で...

橘高 和芳弁護士の画像

名義預金か、実質預金かについて

 遺言執行者の説明は、お父様の預金のうち、名義貸し部分があるということかと推測されます(つまり、お兄様がお父様の口座名義を借りて預金しただけで...

qaユーザーのイメージ画像

遺産分割協議のやり直し

身寄りのない叔母が亡くなりました。私は姪で、年に数回は家を訪ねたり入院中もお世話をして、生前遺産は全部私へと言っていましたが、公的な遺言書があ...

橘高 和芳弁護士の画像

長谷川式

 長谷川式の点数のみで認知症の程度が判断できるわけではありませんが、30点満点で21点以上で正常とされることを考慮すると、20点の場合には成年...

qaユーザーのイメージ画像

母はまだ健在だが、今後についての相談をしておきたい

自身は長女
母は92歳でまだ健在。認知症等も入ってなく、元気に生活している。
父は既に他界しているため、母の相続が開始された場合の法定相続...

橘高 和芳弁護士の画像

遺留分対策

  お母様の相続財産の内容金額がわからないので、具体的には助言は難しいですが、法定相続人へ500万円ずつ贈与した点について書類(贈与契約書や送...

qaユーザーのイメージ画像

相続放棄について

損害保険や銀行融資の書類にサインをしたら、相続放棄する事は難しいですか?そういった場合はどう処理したらいいのかがわかりません。あと相続放棄の書...

橘高 和芳弁護士の画像

相続放棄について

損害保険や銀行融資の書類がお父様名義のものである場合、内容にもよりますが、一般的に被相続人にしかできない行為と言え、相続放棄は難しいと思われ...

qaユーザーのイメージ画像

相続税について

叔父の相続で発生する税金についての質問です。
遺産総額7000万円を父をはじめとする兄弟4人で相続をするが、このときの相続税はどれくらいかか...

橘高 和芳弁護士の画像

相続税について

 相続財産額の算定、保険金などのみなし相続財産の有無、債務・葬儀費用の有無など不明点・不確定点が多いので、詳しくはお近くの弁護士・税理士に聞い...

qaユーザーのイメージ画像

相続手続きをしていない不動産について

私は、長男で、財産を残すのは母になります。
相続手続きがまだ完了していない不動産があり、それを私が母から購入しようと思っています。
土地の...

橘高 和芳弁護士の画像

税金的には問題がある可能性

回答内容を入力してく 土地が未分割であること、土地の相続税評価額(なお、時価とも固定資産評価額とも異なる概念ですのでご注意ください。)が400...

橘高 和芳弁護士の画像

補足

 なお、2000万円の利益を得たとした場合の贈与税は、同年中に他に贈与を受けられなかった(2000万円のみ)として、695万円となります。

qaユーザーのイメージ画像

相続税対策について

妻の実家の相続税対策に関する相談です。
父親は介護施設に入院中。
母親は、すでに他界しています。2000万円の預金があ...

橘高 和芳弁護士の画像

遺産分割のやり直し

 遺産分割のやり直しは、税務上は再協議による再分割は贈与として扱われます(裁判で遺産分割が無効と確認されれば、別ですが)。
 お母様名義の預...

qaユーザーのイメージ画像

相続税の納付について、高額の相続税納付書が期限間近に届いたのですが、とり得る方法を教えて下さい 

義理の叔父が昨年10月に亡くなり、遺言書に従い 叔父の妻である叔母(死亡)の姉(死亡)の長男である私と長女である姉が不動産を代襲相続致しました...

橘高 和芳弁護士の画像

相続税の納付について

 延納制度がありますが、申告・納付期限まで日がなく時間的に難しいと思われます。ただ、税理士事務所から相続税申告書が送られてきたということは、当...

橘高 和芳 弁護士の詳細情報

基本情報

所属弁護士会 大阪
弁護士番号 27404
ふりがな きったか かずよし
弁護士名 橘高 和芳
性別 男性
電話番号 0066-9751-4990
URL http://www.law-tachibana.jp/
注力分野 遺産分割 遺留分 成年後見 遺言書 生前対策 相続放棄 事業承継 相続税

自己紹介

出身地 大阪府
学歴

平成06年 京都大学法学部入学
平成09年 司法試験合格
平成10年 京都大学法学部卒業、52期司法修習生

経歴

平成12年 弁護士登録
平成14年 みお綜合法律事務所のパートナー(共同経営者)となる
平成24年 国税不服審判所 国税審判官(平成27年まで)
平成27年 たちばな総合法律事務所を設立
     羽賀・たちばな会計事務所に加入

資格

近畿税理士会所属 税理士/登録番号:130995

実績

メディア掲載

平成28年4月 「D&O保険の保険料に係る税務ポイント」旬刊経理情報No.1444
平成23年9月 「判例時報」(No.2118)に掲載、「併合9級の後遺障害が残った歯科医師について、喪失率70%として逸失利益が算定された事例」
平成23年9月 「自保ジャーナル(旧自動車保険ジャーナル)」(No.1851)に掲載
平成23年6月 「自保ジャーナル(旧自動車保険ジャーナル)」(No.1847)に掲載
平成22年4月 「判例時報」(判例時報2062号148頁)に掲載
平成22年3月 「自保ジャーナル(旧自動車保険ジャーナル)」(No.1817)に掲載
平成20年7月 「賃金と社会保障」1468号6月下旬号に掲載

講演・セミナー情報

平成23年7月21日・30日 遺言書にまつわるトラブル
平成23年4月13日 「家主が行うべき消費者保護法制下のトラブル対策」
平成23年1月10日 高齢者問題に関する無料個別相談会&無料セミナー
平成22年7月3日 高齢者問題に関する無料個別相談会&無料セミナー
平成21年9月19日 高齢化社会の身近な「法律問題」~成年後見制度や遺言の活用法を解説~

料金・費用情報

相談料金 電話相談・無料 メール相談・無料 面談・ 初回30分無料
着手金 10万円(税別)〜
成功報酬 10万円(税別)〜
備考

■遺産分割協議の代理人(家庭裁判所での調停、審判)
《着手金》交渉:150,000円(税別)裁判:300,000円(税別)(裁判移行時に150,000円(税別)を追加でお支払いただきます)
《報酬金》交渉:5%(税別) 裁判:10%(税別)

■成年後見等申立 100,000円(税別)(別途鑑定費用が発生します)
■任意後見契約 100,000円(税別)(別途公証人費用が発生します)

■相続放棄 一人当たり 30,000円

【相続税申告お任せパックプラン】
398,000円(税別)〜
《基本条件に加算されるもの》
■相続人が複数の場合 基本報酬合計額の10%加算(ご自身を含め2名の場合は1名分を加算)
■土地の相続評価額計算 1区画につき100,000円
■税理士法33条2書面作成 基本報酬合計額に対して計算
■申告期限まで3か月ない場合等 報酬合計額の30%加算

【公正証書遺言書作成プラン】
《基本料金》
■公証人費用 相続人が受ける相続財産額に応じて上下し、相続人ごとに計算されます。(ex:妻が5,000万円受け取る場合の費用は29,000円)
■弁護士費用 100,000円(税別)

【相続人調査・相続関係図作成】
50,000円(税別)

【遺産整理】
1,500万円以下 300,000円
5,000万円以下 2%
5,000万円超1億円以下 1.5%+250,000円
1億円超2億円以下 1%+750,000円
2億円超3億円以下 0.8%+1,150,000円
3億円超5億円以下 0.6%+1,750,000円
3億円超5億円以下 0.5%+2,250,000円
10億円超 0.3%+4,250,000円

【遺言無効確認訴訟その他訴訟手続】
着手金 300,000円(税別)
報酬金 300,000円(税別)

【遺留分滅請求】
着手金 交渉:150,000円(税別) 裁判:300,000円(税別)(裁判移行時に150,000円(税別)を追加でお支払いただきます)
報酬金 交渉:5%(税別) 裁判:10%(税別)

【財産管理】
■財産管理契約書作成 50,000円(税別)
■財産管理(年金等の入金や施設への支払い及び年間収支の作成) 月額3,000円(税別)

アクセス

〒5430001
大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

最寄り駅
  • 近鉄難波線 大阪上本町駅 徒歩 3分
  • 大阪市営地下鉄谷町線 谷町九丁目駅 徒歩 6分
  • 大阪市営地下鉄谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅 徒歩 11分
  • 大阪環状線 鶴橋駅 徒歩 12分

橘高 和芳弁護士への問い合わせ

0066-9751-4990 (無料通話)

17時57分時現在は営業時間外となります。メールでのお問い合わせがおすすめです。

メールで相談する
受付時間
  • 平日 9時00分 17時00分
定休日 土曜 日曜 祝日
備考

夜間・休日対応も可(事前にご予約お願いします)

対応エリア 近畿