遺産相続専門の弁護士検索・法律相談ポータルサイト

遺産相続の相談件数 1445

遺産相続に強い弁護士 133

こが たかし

古閑 孝 弁護士

古閑 孝の画像

アドニス法律事務所

千代田区三崎町3-4-10 庄司ビル6階

東京都
遺産分割
遺留分
遺言書
生前対策
相続放棄
相続税

相続は、どなたにも身近で起きる出来事です、しかし、感情で揉めてしまったり話し合いで解決出来ないことも少なくありません。

相続時には色々なトラブル・悩みが発生するものです、私の40年間という弁護士経験のを元に事例や状況に沿って対処法を電話でも解説可能です。
また、近いうちに相続が発生するかも?・実家に帰省する時に知識を付けておきたいという人はぜひ連絡をくださいませ。

家族の間での遺産相続による相続の分割の争いは俗にいう、【争続】と言われております。
しかし、仲の良い家族が相続財産によって、揉めてしまう事はなぜ起こってしまうのでしょうか?心の中では避けたいと思う事でも、一度争いが始まってしまうと、分割協議が終了した後も家族の関係・人間関係・などが修復できない所まで来てしまうなんて事も・・・あります。

どの家族でも火種になるきっかけはございます。
どの家でも、共通する物がございます、争続対策をしっかりと行う事が本来私達、弁護士に課せられた宿命であるものの、相談に来る時にはそれが手遅れ・・・・なんてケースもございます。

「うちの家族は相続のトラブルとは無縁だと思っていた・・・・・・」
「みんな仲が良かったので絶対揉めることなんてないと思っていた・・・・・」
「財産なんていらないって言っていたから進めていたのに・・・・話が違う・・・」

ご相談にいらっしゃった方から良くお話に聞く言葉です。

「誰も教えてくれる人が居なかったから」は痛いほどお気持ちは解りますが、「しっかりと争族対策の為に、調べていたけれど、その通りには実際にはならなかった」という理由で揉めてしまった何でことの方がとても多いです。
財産分割に関する悩みや不安は、多岐に渡り、法定相続人でない方等も口を出してくるケースも往々にしてございます。
貴方が、万全の対策をしていると思っていても、別の大きな落とし穴があちこちにあり、気付かないケースで揉めてしまうケースがあります。

また、当事務所としては、これまでの多くの経験を活かし、誰も教えてくれなかった、「相続の現実では実際にこうだった」という事例を入れながらご説明します。
信頼のおける税理士・会計士と提携を結んでいますので、遺産・相続問題に必須ともいえる金銭面のサポート体制にも万全を期しています。

古閑 孝 弁護士が答えた相続相談Q&A

qaユーザーのイメージ画像

あなたに相続させるつもりはないような言われ方をしてしまいました

被相続人は父方の実祖母。実祖父は既に死亡していたため、法定相続人は、子及びその代襲者で自分はは実孫。
自分の父は10年以上前に死亡しているが...

古閑 孝弁護士の画像

「銀行の相続手続きのため、署名押印してほしいという内容」の書類にのみ署名・押印しただけで、遺産分割協議に合意をしていないのであれば、法定相続分...

qaユーザーのイメージ画像

遺言書には書かれていない財産が出てきました

遺言書があり、葬儀の後で兄よりみせてもらったが、遺言書には書かれていない財産が出てきました。

預金1000万円でその分は、法定相続分どお...

古閑 孝弁護士の画像

例えば、借地上の遺産となる建物があり、遺言書に「建物を壊し更地にしたうえで返還してほしい。この建物の解体にかかる費用等については遺産から支払っ...

qaユーザーのイメージ画像

過去の相続に関して

昭和40年に死亡した相談者の祖父の相続について教えて下さい。
配偶者は既に亡くなってまして、被相続人の子が1男4女で、二女が被相続人の後に亡...

古閑 孝弁護士の画像

亡二女は、被相続人のあとに死亡していますから、A氏とB氏は相続人となります。
ご質問のB氏の連れ子C氏とD氏が、二女と養子縁組していれば同様...

qaユーザーのイメージ画像

事前相談させてください

父親の相続についての事前相談
父が保有するマンションを姉が引き受けるので、現預金を3:1の割合で分けて欲しいと姉が言う。
維持費等にお金が...

古閑 孝弁護士の画像

この内容からだけでは判断出来ませんが、マンション自体に価値があるのであれば、維持管理を理由に現預金を姉に多く渡す必要はないと考えます。
遺産...

qaユーザーのイメージ画像

遺産分割協議書とは?

遺産分割協議書の書き方を教えてほしいのですが、何か尻労とした形式・書式があるものなのでしょうか?
生前に引き出して弟名義の口座で管理している...

古閑 孝弁護士の画像

既に岡田先生が回答されている通りです。
出来る限り具体的に記載をしておくことが望ましいでしょう。(特に生前の引き出しについては、後に言った言...

qaユーザーのイメージ画像

自分の子どもたちに姑の遺産を相続する権利は認められるのか?再婚したら?

夫は13年前に突然死。今回13回忌が終わり、親族から「これで法要も一段落、自分たちも年なので」と話があった。
姑は施設に入所することになった...

古閑 孝弁護士の画像

例え再婚された相手と子どもたちが養子縁組をしたとしても、亡夫の子供であることに変わりはなく代襲相続人として相続する権利は失われません。
姑が...

qaユーザーのイメージ画像

父親が遺産分割調停を申し立てた

母の相続で父親が遺産分割調停を申し立てた。
父親は、全ての財産を取得したい旨の主張であり、調停は不調で現在は審判となっています。
また、、...

古閑 孝弁護士の画像

"相続人全員の合意"があれば、遺言書の内容と異なる内容で遺産分割協議は可能です。
自分の都合だけで遺言書を処分することは相続の権利自体を失う...

qaユーザーのイメージ画像

特別受益について

実父(被相続人)が亡くなり、遺言公正証書が届きましたが、法廷相続人(5人)で内訳は、私と妹が1/16,異母兄弟(兄・妹)が5/16,その母4/...

古閑 孝弁護士の画像

遺言とは、被相続人の最後の意思です。
一番新しい遺言書が有効となります。
特別受益とは、特定の相続人が、被相続人から婚姻、養子縁組のため、...

qaユーザーのイメージ画像

自分vs母・妹で大揉めしている

東京都にに100坪 アパート1棟 駐車場を、父からの贈与を受けたいのですが。
4人家族。自分vs母・妹で大揉めしている。(詳しい詳細は、今の...

古閑 孝弁護士の画像

揉めた理由や詳細を母・妹から聞き出さないことには、歩み寄ることも難しく修復はたしかに難しいかもしれませんね。
ですが、父が合意しているのであ...

qaユーザーのイメージ画像

生前に親族の動向を探る事は出来るものなのか?

祖母は健在・父母と生活している。
5年前に連絡したっきり、疎遠になっている。
実家に帰ろうとすると頑なに、拒否されるし、「この家は自身(投...

古閑 孝弁護士の画像

実家である以上、帰ることは何等問題ないと考えますが、拒否されているのを力尽くで入るなどは暴力沙汰になりかねないし、留守中に無断に入るというのも...

qaユーザーのイメージ画像

近くに住んでいる姉が、母のところに出入りしている

自分は、母と離れて住んでいる。
近くに住んでいる姉が、母のところに出入りしている。(文字は書けないが、意思判断はできる。先は永くないと思う)...

古閑 孝弁護士の画像

特別受益を主張する

母の財産をどうするかは母の自由です。
それについて法的に制限することは出来ません。
後は、先の回答にあるように不公平に対して特別受益などを...

qaユーザーのイメージ画像

両親の死後、揉めないように生前対策を相談したい

父母共に健在で開業医をしている。
両親の死後に揉めないように生前対策を相談したいのですが、ざっとどんな事が出来ますか?
...

古閑 孝弁護士の画像

代償金・遺留分の原資対策

既に回答のとおりですが、代償金や遺留分の準備に、生命保険を利用する方法もあるでしょう。
節税にも利用できることもあるので、生前に生命保険につ...

qaユーザーのイメージ画像

亡くなったのは、異父兄で自身は異父弟

亡くなったのは、異父兄で自身は異父弟。
配偶者は既に他界しており、夫婦の間に子はなく、両親は離婚しており、父は既に死亡。
母は再婚し、自身...

古閑 孝弁護士の画像

異父兄と言えど兄弟姉妹ですので、法定相続人である後夫が相続放棄をした後、相談者も相続放棄をしなければ負債を相続してしまいますので注意をして下さ...

qaユーザーのイメージ画像

相続放棄を取ることでできて、相続手続きを進めることが出来ただろうか?

相続人は、相談者の主人(次男)と長男の2名。10年前程に被相続人の相続の話になった際に、長男から次男の相続については相続放棄で進めるからと口頭...

古閑 孝弁護士の画像

相続放棄は自身が相続人であることを知ってから3カ月以内に家庭裁判所に申述することによって効力を生じますので、共同相続人に対する口頭での意思表示...

古閑 孝 弁護士の詳細情報

基本情報

所属弁護士会 第一東京
弁護士番号 15281
弁護士登録年 2016
ふりがな こが たかし
弁護士名 古閑 孝
性別 男性
電話番号 0066-9751-4305
注力分野 遺産分割 遺留分 遺言書 生前対策 相続放棄 相続税

自己紹介

出身地 熊本県
生年月日 1938年07月17日
人となり

リラックスして、お話しできるように空気を作れるよう心掛けております。
時には、笑いも必要だと意識しております。

実績

年間実績 50件相談
総実績 1200件相談
事例
解決事例

面識のない相続人が いることが判明した 遺産分割のケース

東京都在住のAさん
肺がんで長期療養の後に死亡したご主人との間に、未成年の2人の娘がいる。マンションの名義変更の手続を司法書士に依頼したところ、ご主人に婚姻歴があり、子供Bがいることが判明した。

司法書士がBに対し,遺産分割協議書の案を作成して送付するも、全く回答がなかった。司法書士は辞任。

その後、アドニス法律事務所に相談があり、事件を受任。
Bに対して、Aの現状や被相続人の病状や看病の経緯などを詳しく説明した文書を送付し、Bの思いを聞き出すことができた。

結果、遺産分割協議に同意。
Bの法定相続分を金銭で支払うことで協議が成立した。

解決事例

話し合いが纏まらない 行方がわからない 遺産分割のケース

神奈川県在住のKさん
父親が死亡し、相続人は子供KとNの2人。Bは、10年前に父親と喧嘩をして家を出ており、全く音信不通であり、相続財産は神奈川県内の実家の土地と建物。

Kから依頼を受け、Nの所在を調査し、遺産分割協議を行わなければならない旨を通知。数日後、神奈川県の某市役所の福祉課から電話連絡が入り、Nが生活保護を受けており、うつ病を患っている旨の報告を受けた。Nは,当職からの通知書を市役所に持参し、開封が出来ない旨を告げ、代わりに読んで欲しいと頼んだとの事。職員が読み聞かせている最中に倒れてしまい、救急車で搬送されてしまった。

任意の話し合いは不可能であると判断し、家庭裁判所に遺産分割の調停を申立た。
相手方Nの特殊事情を説明し、裁判所の配慮をお願いした結果、2回の審尋で調停が成立。

実家の土地建物を売却し、被相続人のために支払った費用を清算したうえで、残った金員を2分割することとなった。

解決事例

被相続人が 別の家庭を持っている 遺留分減殺のケース

千葉県在住のSさん
家庭裁判所から遺言書の検認期日の通知が届いた。
相談者Sが幼少時に両親が離婚。その後、父親が婚姻した相手OとSが相続人であり、遺言書の内容は「Oに全ての財産を相続させる。遺言執行者はOとする。」という内容であった。

Sからの依頼を受け、Oに対して遺留分減殺の請求を行ない、相続財産の開示を求めた。同時に、遺言書の記載から相続財産の調査を開始した。

Oから開示された相続財産目録は、当職が調査を行った内容と同一であり、Oは財産を秘匿する意思がない事が理解できた。

上記を踏まえ、相続財産の評価を行い、総額の4分の1を受領することとなった。調停に持ち込まずに終結させることができ、依頼者に大変感謝された事案であった。

解決事例

過去の贈与額から 相続財産を割り出した 遺留分減殺のケース

埼玉県在住のYさん
二男Yと同居していた母親が死亡し、自筆証書遺言が見つかったので裁判所に提出し検認が行われた。
その内容は「Yに全ての財産を相続させる。長男には過去に相当の金銭の援助を行った。」というものであった。早速、遺言執行者の選任申立てを行い、Yが遺言執行者に就任した上で、不動産の名義変更,預貯金類の解約手続等を行った。

その後、長男より遺留分減殺請求の通知が届き、任意での話し合いが纏まらず、調停へ持ち込まれた。
不動産業者が作成した不動産の評価額が一定ではなく、1,000万円弱の開きが生じたため調停が難航したが、長男が被相続人から、婚姻時に500万円の贈与を受けていたことが判明。
その贈与された金額を相続財産に組み入れ、受領済の特別受益として処理することにより、長男の遺留分を計算し、現金を支払うことにより調停が成立した。

料金・費用情報

相談料金 電話相談・無料 メール相談・無料 面談・ 無料
相談について 出張相談可能 土日・祝相談可能 18時以降相談可能
その他対応 女性スタッフ対応可能 24時間予約受付
着手金 20万円〜 (税別) (※経済的利益により確定する)
成功報酬 (※経済的利益により確定する)
出張費 半日3万円 一日5万円 (税別)
遺留分 20万円〜 (税別) (※経済的利益により確定する)
遺産分割 20万円〜 (税別) (※経済的利益により確定する)
成年後見 争いがない場合 20万~ 争いがある場合 30万~
生前対策 要相談
相続放棄 10万円〜 (税別)
事業継承 要相談
手続き 要相談
相続税 税理士連携あり
遺言執行 要相談
遺言書の作成 10万円〜 (税別)
その他書類作成 10万円〜 (税別)
備考

対象となる相続分の時価相当額が経済的利益です。
但し、分割対象となる 財産の範囲及びその相続分について争いのない部分については、その相続分の時価相当額の3分の1の額が経済的利益となります。

※遺産であることに争いがない場合などは、遺産額を減額して計算する場合があります。
その他、お客様との協議のうえ、事案の難易度、作業量等により上記の基準から金額を増減する場合がございますので、上記の基準は一つの目安としてお考え下さい。
詳しくは、状況をお伺いし後、ご提示させていただきます。

アクセス

〒1010061
東京都千代田区三崎町3-4-10 庄司ビル6階

最寄り駅

古閑 孝弁護士への問い合わせ

0066-9751-4305 (無料通話)

21時21分時現在は営業時間外となります。メールでのお問い合わせがおすすめです。

メールで相談する
受付時間
  • 平日 9時00分 21時00分
  • 土曜 10時00分 18時00分
  • 日曜 10時00分 18時00分
  • 祝日 10時00分 18時00分
対応エリア 関東